岐阜県中津川市のホームページ制作会社なら株式会社ディーシーエス

最終確認と入稿準備

近日入稿予定のチラシが終盤にさしかかっています。
最終内校を済ませました。

最終内校は、一番最初の原稿、先方からの訂正箇所をすべてチェックします。
他にも、言葉の言い回しや文字のカーニングやサイズが適切であるかどうか。
塗り足しは設定されいるか、画像が350dpiのCMYKであるかどうか。

そして確認ポイントとして大切なのが、イベントや企画・催しなどの
開催期間です。日付や曜日に間違いがないかを確認します。

さらに金額表記がある個所は慎重にチェックをします。

印刷物は、一度印刷工程の乗せてしまうと
HPのように安易に訂正をすることができせん。

入稿前の最終内校は集中力が必要になります。
いつもより時間をかけて、入念にチェックしていきます。

チェック後は、データを他のPCに移動させ
リンク切れの有無を確認します。

ひとつひとつ確実に進めていきます。

駆け出しの頃は、緊張しながら入稿の手順を書き写したノート片手に作業していました。

ひとつでも、データチェックの工程を抜かしてしまうと
それはミスにつながります。
時には、お金が発生するといった事態にもなりかねません。

昔も今も入稿データの作成時は、緊張します。

宮崎駿監督の一言
「大事なことは、めんどくさい」。
にもありますように、指差し確認の最終チェックは
アナログな作業の上に、めんどくさかったりもしますが、
それは、大事な工程だからこそ集中した丁寧なチェックが必要なのです。

デザイナーが受け持つ、最後の工程です。

責任をもって、しっかりと次の工程である
印刷会社へ完全なデータの受け渡しができるように
全神経を集中させます。





シンプルな生活のために

先日、引っ越しました。
とは言っても、新しい住所も同じ中津川市内で
元々の住所から車で数十分の距離。

週末に荷物を片付け新しいアパートへ運び込んだのですが
まだ全て片付けられたわけではありません。
予想外に時間がかかってしまったのは、荷物が多かったからです。

今回、不要なものをためてしまっていた事に気づきました。
引き出しの中、棚の中から必要なものを段ボールに詰めていると
「いつか使うかも」と思って取っておいたものが
数年間つかわれていない状態で出てきたり。
人からいただいたもので、使わずに取っておいた
何年も前のものが出てきたり。
私は本当に必要のない物の中で暮らしてきたんだなぁ~
と思ってしまいました。

問題なのは、私が、それらの物を忘れていたということです。
なんでこんなにため込んでしまったんだろうと思い、
今後のために、自分なりに考えてみました。

物が増えた時に活躍する、収納ボックス。
便利で片付いて良いイメージがありますが、
それに入れてそのままつかわれずに放置してしまっては意味がありませんし
場所を取るだけです。
だったらいっそのこと、収納ボックスなど買わずに
物を増やさない生活をしたいと思います。

無料でもらえる物なども、結局使わなければ何の意味もありません。
おまけなども、とりあえずもらっておこうという考えではなく、
いらないと思ったら「要りません」と言うこと。
レジ袋や包装なんかでもそうですが、
不要なものは不要と意思表示することは、
環境保全にもつながるでしょう。

一回しか観ない・着ない・使わないのだとしたら、
レンタルを活用するという手もあります。
私は映画や本、雑誌などは一回観たり読んだりしたらそれで良いので、
レンタルショップで借りるか、図書館で借りることが殆どです。
それでもたまに、購入することもあります。
そんな時は、まだ読んでいない方へ譲ったり
古本屋に売ったりと、溜めないようにしたいものです。
また、結婚式のドレスや小物など
たまにしか着用しないものも、今ではネットでレンタルしている業者が沢山あります。
まだ使用したことが無いですが、こうしたサービスを使ってみるのも良いなと思います。
都会では、カーシェアリングが広まっているようです。
たまにしか乗らないのであれば、維持費や駐車場の事を考えても
これは賢い選択だと思います。


以前に、戦争を経験した祖父母の話を聞いて思ったのは、、
昔は物がなかったから、もったいないから物を取っておくことが
多かったのかもしれないなということ。

今は、いろいろなものに囲まれていて
欲しいものはお店でもネットでも手に入る大変便利な時代です。
家の中に全てを持っている必要は無いのです。

また、昔と比べ物が手に入りやすくなったからこそ、
物が増えやすいとも言えるかもしれません。


私は、「とりあえず取っておこう、いつか使うかもしれないから」と
考えてしまうことがよくあると思いました。
では、今までに、とりあえずで取っておいて
その後で使ったものがあったかと振り返ってみると、
殆ど無かったのです。

以前に、片付けの本や断捨離の本で、
捨てるのにはエネルギーが要ると書いてあったのが印象的でした。
たしかに、これは体験してみるとよく分かります。
捨てることを決意すると、
「本当にいいのかな~、もったいないなぁ、後で後悔するんじゃないか…」等
様々な雑念が頭をよぎります。
そして、いざ、処分する時にも、ゴミ袋に入れて出す、
リサイクルショップへ持っていく、等、
はっきり言って面倒くさいものです。
だったら、「とりあえず取っておこう」と選択を後回しにすることで
楽な方へ逃げがちなのです。

「とりあえず…」と思わずに、
その時その時で判断して、片付けていくようにしたいです。


物への執着は、「不安」から来るのかもしれません。
失ったらどうしようという恐れや
これを持っていれば安心、という思いが心の中にあるのかもしれないと思います。
それでも思い切って物を手放せば、
意外とスッキリした気持ちになるから不思議です。


価値観が多様化する今、何が大切かは人それぞれだと思います。
何もかもを処分して殺風景な部屋にすればよい、というのではなく
厳選されたお気に入りのものだけを置いた部屋で
暮らすのが心地よいのだと思います。

あれもこれも大切、と何でもかんでも取っておくのではなく
今の自分に必要なものを取捨選択し、
処分・売却・譲渡をし、
レンタルやシェアを活用しながら
暮らしていきたいです。


自分にとって大切なもの、必要なものというのは
時間が経てば変わるものです。
家族構成の変化、住む場所、趣味によって
何年か経てば変わることでしょう。

私も、数年前に片付けの本が流行った際に、
部屋を一気に片付けたり、
断捨離ブームの時にも片付けていたつもりでした。
それから数年経ち、その時は片付いていても
残念ながらその後に不要なものがたまってしまったのです。

時間が経てば、自分の嗜好やライフスタイルも変わります。
昔は必要でも、今は要らないかもしれません。
それを頭においておきたいものです。

余計なもののない、スッキリと片付いた部屋。
飾らないシンプルな生活。
そんな理想のお部屋を思い描いて、
今週末の土日に荷物の整理をして
住みやすい環境にしたいと思います。

早起きは三文の徳

先日の休日、朝早く目が覚めたので
ジャージに着替え、寝ている旦那さんを起こさないように
散歩へ出かけました。

朝の光を浴びて、清清しい気持ちでウォーキングです。
金山を折り返し地点と決め。
往復30分ほどのコースを楽しみました。
みんなが寝ている時間に行動できたことが
なんだか得した気分にさせてくれました。

道中は、犬の散歩をしている人やジョギングをしている人、夫婦で散歩を楽しむ人たちと
すれ違いました。

比較的、年配の方が多かったように思います。

どの方も、みなさん背筋がピシッっと伸びて、姿勢がよいのが印象的でした。

背筋をすっと真っ直ぐに保つのも、筋力が必要です。
そのために必要なのは、適度な運動と、
他人にどう見られているか?他人にどう見られたか?といった意識の持ちようでもありますね。

ウォーキングひとつで、他にもいろいろなコトを目にすることができ、
考えさせられることもありました。
そして、昼間とは違った空気を楽しむこともできました。

早起きは三文の徳ですね。

涼しい木曽の床浪荘

本日は長野県の木曽にある、山の中の天然温泉の宿 床浪荘に打合せに伺いました。
朝から打合せだったのですが、とても涼しく気持ちの良い気候でした。

宿泊されたお客様からも、
「エアコンが要らなかった」
「朝晩は窓を開けていたら肌寒い位だった」
「都会と全然違うね」
という声を毎日のようにいただいているようです。

お盆の期間中は予約でいっぱいでしたが、
今は予約も取りやすくなっています。

都会ではまだ残暑が厳しい季節。
木曽の高原に、涼みに訪れてみてはいかがでしょうか。


床浪荘_夏の冷水槽
露天風呂には、冷水槽も。
日差しで少し温められ、ちょうど良い温度になっています。
夏場は好評なのだとか。
夏場に暑いお湯はちょっと…という方でも、
これならゆっくりと長湯を楽しめそうですね。

DCS ディーシーエス

自身の勤務先名を、人に紹介しますと
決まって、このような質問をよくされます。

「DCSは何の略はですか?」


考えていただくと、回答として挙がるのが

D = Design

C = Creative

S = 無回答

このような回答です。




正解は、こちら

D = Digital

C = Creation

S = Service

お見知りおきを。

1日コーディング

今日は丸一日、集中して一つのサイトの修正(コーディング)をしました。
午前中に修正点の整理、午後に、それを元に実際の作業開始。
あっという間に時間が過ぎました。

こうして黙々と作業ができるのは、みなさんが今まで繋げてきてくれたタスキがあるからです。

作業指示を、わかりやすく文章で残しておいてくれます。
修正分のイラレデータを渡してくれます。
必要な写真は、撮影済です。
修正カンプは一枚一枚スキャンしデータ化されていて、自宅で作業する方も、出勤する私も、同じものを見ることができます。

私が担当するのは一部。みなさんの努力に応えられるように、見合うように、やるだけです。
集中力と根気が要る作業。なんだってそうですね。
PCメガネが活躍中です。

丸八葬祭様「まいか9月号」のチラシデザインを制作いたしました

いよいよ、メモリアル・ハウス絆(中津川)が9月2日(月)にオープンします!!
今回は、このホールの見取り図を大公開! 家族葬専用の貸切型葬儀ホールで、使いやすく工夫された施設となっております。

02ŠÛ”ª‘’Õ—l_ƒ`ƒ‰ƒV201308‚Ü‚¢‚©9ŒŽ†_ol

相談・見学は毎日行っているそうです。お気軽にお問合せください。

中津川市のソレイユで揃う ハロウィンのお花や雑貨

本日、フラワーショップソレイユ様を訪問しました。
店内に入ると、すぐに目に入ったのがハロウィンのディスプレイ。

ハロウィンのカラーで彩られ、
かぼちゃやハロウィングッズが沢山並べられていました。
ソレイユ_ハロウィン店内入り口

かぼちゃの植木鉢や、置物、飾り、リースなど
沢山のグッズが揃っています。
ハロウィン_かぼちゃ

お部屋を飾り付けて、お友達を招いて
ホームパーティーを開きたくなります。
ハロウィン_かぼちゃの置物

フラワーショップソレイユだから、もちろん、観葉植物も。
パーティーに呼ばれた時の、ちょっとした手土産にも喜ばれそうです。
ハロウィン_ミニ観葉植物
ハロウィン_ミニ観葉植物2

お花と一緒にいかがですか。
鉢植えのお花に添えれば、一気にハロウィンのムードに。
お値段もお手頃でお勧めです。
ハロウィン_ピック
ハロウィン_ピック2

雑貨をプレゼントする時には、ハロウィンのギフトバッグに入れてみては。
プレゼントは何にしようか、選ぶのも楽しいですね。
ハロウィン_ミニバッグ

この季節のソレイユも、ハロウィン商品の他にも敬老の日の商品など盛りだくさん。
店内は見ていて楽しい雰囲気です。
ぜひ訪れてみてください。

中津川市のフラワーショップソレイユ

名古屋アートアクアリム展

先日、名古屋へ行ったついでにアートアクアリム展へ行ってきました。
現代的なBGMが流れ、光が切り替わり、そこで買ったカクテルを持ちながら見て回れるこの空間は
大人の雰囲気です。(夜の10時までやっています)
金魚といえば夏のイメージですが、こんなに涼しげに見えるんですね。
水がしたたる音に、薄暗い空間。金魚の影。癒しの空間でした。

1
2_1
万華鏡ののぞき穴で、金魚の色やウロコのカタチが不思議に見えます。
 

3
4

1000匹の金魚が泳ぐ世界最大の金魚鉢。七色に変化します。
 

5
6_1

屏風。泳ぐ金魚とその陰で素敵なアートに。
 

7

たくさんの展示がありました。
 

アクアリウム、実は弊社で担当しコーディングをしたスタッフ紹介から知りました。
熱帯魚の水槽の環境のこと、とそこで理解したのでした。
(それまで恥ずかしながら知りませんでした。)
こんな所にも、スタッフ紹介の効果?が。その方の写真が頭によぎりました。
スタッフ紹介に力を入れるお客様が増えています。
親しみのある自己紹介から会話が広がることも。

ホームページの作成から更新、SEO対策、ディーシーエスにご相談下さい。

ちなみにアートアクアリウム展は10月1日まで開催しているそうです。









折込広告から学ぼう

折込広告の1枚に、このようなデザインを見つけました。

201308_募集

線と塗りの「ずらし」のコラボです。

この表現方法を応用すれば、何通りものデザインを表現することができます。

以前、ホームページ用のバナー作成時に
この表現方法と似たタイトルデザインを作成したことがあります。

「線」に細かな「ジグザグ」効果を適用させ
普段とは違うバナーデザインが完成しました。

周りに存在するもは全て、デザインの勉強教材です。
認識し、観察し、取り入れて今後のデザイン表現につなげていきたいです。

※上記表現方法は
ある程度、ウェイトのあるフォントにしかできない表現方法となりますね。

ディーシーエススタッフ写真
  • スタッフ

  • スマホサイト制作ならディーシーエス

    建築写真ならディーシーエス

    恵山工業 鉄骨建築、建設用重量鉄骨の建方、加工工場恵山工業 国土交通大臣認定 鉄骨製作工場 Mグレード

    ごとう観光バス 日帰り観光バスツアーとくたび、貸切バスなら岐阜県中津川市のごとう観光バス

    檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売は木曽の志水木材産業株式会社

    注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

    タイル貼り工法のなまこ壁は中津鋼材

    安城、西尾、西三河で地震に強い注文住宅を建てるなら吉良建設株式会社

    中津川市の葬儀、恵那市の葬儀は丸八葬祭へ

    中津川市のビジネスホテルはプラザホテル栄・淀川