岐阜県中津川市のホームページ制作会社なら株式会社ディーシーエス

恵那峡グランドホテル様「毛ガニと飛騨牛会席・ディナーショー」のチラシデザインの制作をいたしました

恵那峡グランドホテル様では7月1日~8月31日までの間
毛ガニと飛騨牛会席のプランに加えランチプランや同窓会プランなどなど
様々なプランをご用意しております。
しかも!送迎無料&プラス¥2,625で飲み放題プランも付けられます。

ブライダルプランも充実しておりますのでこの機会にご相談に行かれてはいかがでしょうか?

恵那峡グランドホテル様_夏チラシ表06

7月23日(木)は
三原 綱木さん・杉 真理さんをスペシャルゲストとしてお迎えし、
「森と泉の恵那峡ディナーショー」を行います。
60年代~80年代のヒットナンバーをお送りします。

恵那峡グランドホテル様_夏チラシ裏06

ご質問・ご予約は「恵那峡グランドホテル様」まで

同じ題材でも、仕上がりは同じではない

このお話は、前にもしたかもしれませんが、

高校生の時に、旦那さんと1枚の油絵を仕上げました。

元となる構図はありました。
雑誌の切り抜きです。

男女の人物、森の中。
道が1本。
201306_油絵

このような構図だったと思います。

この構図を左右に分けて、
それぞれが担当し、油絵を仕上げていきました。

先生に許可をいただいて美術室をお借りし、作品を仕上げたように記憶しています。

1つの構図題材を元に作りこんでいった作品は、
左右まったくの違う面白いモノに仕上がりました。

美術部員でない彼は、おもしろい経験ができたと喜んでいました。

デザインは、その人が持っている感性や
経験から学習した技術や、やり方によって表現されるものです。

誰かに影響を受ければ、一時 その人に似たタッチや仕上がりになったりする場合もありますが、

まったく同じ作品にはならないと思います。

答えはひとつではないというところがデザインの魅力的でやりがいのある部分ですね。

私たちが仕事とする商業デザインも

それぞれの担当者の個性をおりこみ、一番よい形でお客様の元へお届けしています。

烏口(からすぐち)から思うこと

午前の作業中に
頭にふっと思い浮かんだ言葉があります
それは、「からすぐち」とう言葉です。

「烏口(からすぐち)」という言葉を聞いた事はありますか?
または、その物を知っていますか?

デザイン系の学校を卒業されている方、
写植時代を経験されている方は、ご存知かと思います。

このような道具です。

からすぐち

線を引くための道具です。

ペン先にインクを含ませ、ネジの調整で線の太さを調節できます。
また、ペン入れをする際の角度や力加減で線の太さは調節できます。
定規との併用より、均一な直線を描くことができます。

PCの導入により、版下に手で線を引くといった作業はなくなりました。
同じ太さの直線を引くのも、曲線を引くのも
グラデーションを作るのも、PCの機能を使えば瞬時に作成することができます。

烏口を使って線を引いていた時代とは、比べ物にならないくらい
1日に作り上げることのできるデザイン量は増えました。質も向上していると思います。(表現するための方法があるため)

PCとソフトさえ手にいれれば、容易にデザインができる時代です。

そこで思うのが、素人デザイナーとプロのデザイナーの違いは、どこか?
ということです。

自身の仕事でお客様から代価をいただいく以上、
繰り返しの練習はもちろん、素人とプロとの違いはどこにあるのか?を考えて
その答えを導きだし、それに徹することも必要です。

PCが導入される前は、線を引くことに道具を使っていました。
烏口を使って、直線を引くには、かなりの練習が必要です。
均等な線の直線は、作成者の力加減ひとつで
均等な線幅ではなくなってしまいます。
紙面に対して、定規を併用するとはいえど、平行に線を引くことも、とても難しいことです。

烏口を使っていた時代も、PCでデザインする現在も
プロと素人の差は、練習・勉強・実践・応用・考える。ことだと思います。

お祭りにも大活躍の寿司桶

梅雨の時期ですが、昨日は午前中は良いお天気で、
大きな入道雲が見られました。
日中の気温も高い日が続いていたりと、
いよいよ、本格的な夏の到来を感じるころではないでしょうか。

夏といえば、夏祭りが各地で開催される時期も、もうすぐです。
夏祭りと一緒に、花火大会も毎週末のように、各地で開催されるのも間近。

夏祭りや花火大会の時に、毎年、
実家に家族や親戚で集まって楽しむという方も多いのではないでしょうか。

離れて住んでいる家族もこの日は帰省して、
みんなで揃って美味しい料理とお酒を囲むという毎年の恒例行事ですが、
大人数のお料理を用意するのは結構大変なものです。

そんな時には、ちらし寿司を作ってみてはいかがでしょうか。
ちらし寿司なら、寿司桶一つあれば簡単に素早く調理できます。
炊いたご飯と合わせ酢、具を用意し寿司桶に入れ混ぜ、
仕上げに上にお好みの具をトッピングすれば、簡単にできます。
寿司桶に入ったままテーブルにセッティング。
とっても簡単にできるのに、見た目は豪華。

子どもたちからおじいちゃんおばあちゃんまで、
皆が大好きな味で、喜ばれること間違いありません。

今年のお祭りは、家族や親戚、友達や仲間たちでお家に集まって、
ちらし寿司を囲んで楽しんでみませんか。

寿司桶・おひつは志水木材産業
寿司桶

丸八葬祭様「まいか7月号」のチラシデザインを制作いたしました

丸八葬祭様「メモリアル・ハウス絆」が中津川に9月2日(月)オープン。
それに合わせて見学会を開催いたします。
8月31日(土)10時~17時
9月1日(日)10時~15時

ŠÛ”ª‘’Õ—l_ƒ`ƒ‰ƒV201305‚Ü‚¢‚©2013”N7ŒŽ†


催し物や記念品もあるそうですが、詳しくは「まいか8月号」にて!!

宮島建設ライファ様「夏のリフォームキャンペーン」チラシのデザインを制作いたしました

住まいコンシェル ライファ中津川店にて「夏のリフォームキャンペーン」を行います。
お見積りを頂いた方に抽選で素敵なプレゼントが当選するチャンス!!
また、アウトレット商品も同時に行います。

リフォームをお考えの方は是非足をお運びください。

宮島建設ライファ中津川様_チラシ1305夏のリフォームキャンペーン表面

宮島建設ライファ中津川様_チラシ1305夏のリフォームキャンペーン裏面

お問い合わせは「住まいコンシェル ライファ中津川店」まで!

重要なのは、まったく白紙だったということ

デザインの答えはひとつではありません。
そこが、デザインを魅せることの難しいところでもあり、楽しいところでもあります。

以前 ある番組で
浦沢直樹さんが、モーニングの3P分の漫画枠を
番組MC(漫画に関しては完全に素人)に作ってもらう。という企画をやっていました。

まずは、
設定決め

 ↓
キャラクター決め

 ↓
ネーム

 ↓
下書き

 ↓
ペン入れ

 ↓
仕上げ(背景やトーンなど)



この肯定を6時間がかりで、3P分の原稿が完成しました。

最後に、浦沢さんが

「重要なのは、まったく白紙だったということ。」

と言っていました。



デザイナーの仕事も、全く白紙の状態から形を作っていきます。

漫画家のそれと、デザイナーのそれには
共通点があるように思い、食い入るように番組をみていました。


完成したデザインを見せられて、これと同じものを作って。
と言われれば簡単に作成することができると思います。

しかし、そうではない ということです。


お客様との営業の綿密な打ち合わせ、企画者の構成・原稿作りに始まり、
制作物の土台が作れらていきます。
それをもとに、情報を伝えるためのデザインを施していく。
何もないところから、形ができていきます。

どんなデザイナーでも、一番いい見せ方を表現するためには
どうしたらいいだろう?と試行錯誤します。

何もない所から、モノを作り出すことは誰にとっても容易ではありあせん。

一番正しい答えを導きだせるように、何年デザイナーをやっていても勉強が必要です。
何かを作り出すって、そういうことなのです。


専務からのラインにありました、基本は5W1H。
まずは、打ち合わせの段階から、がんばれ林さん!

成果につなげること

ここ一週間ほど、担当させていただいているホームページやチラシ、
パンフレットやポストカードなど、入稿や納品のラッシュが続いています。

お客様から新規制作のお話をいただき、
デザイナーがそれを形にし、
何度かお客様のもとへ打合せに足を運び、
時にはメールや電話で確認し、
修正や変更を経て、校了、入稿となり(またはコーディングを行い)
制作物が完成し、お客様のもとへ納品されます。

打合せを行った時の意見をもとに、期待する以上のデザインを仕上げてくださる
デザイナーさんたちにはいつも感謝です。

私は、お客様から直接、「受注につながったよ」「売上が増えたよ」という
喜びの声を聞くことが多いですが、
こうした成果につながったのも、打合せに時間を割いていただき、
そして撮影などにも快く協力してくださるお客様のおかげ、
そして、デザイナーさんたちのおかげです。

今日も、お客様のもとで、「お問合せが増えた」という声をいただきました。
これからも、このように成果が出るものを創っていきたいです。

今後の仕事

デザインの仕事は難しいです。
その商品を売れるようにするのが目的ですが、じゃあ具体的にどうすればいいの?
と考えると深みにはまっていきそうな気がします。
そんなときは、先輩に「私のデザインどうですか?」と聞いたり、他のデザインを見ていいところを参考にしたりしています。

私の場合、大体一番初めに作ったデザインはいまいちで、どこか素人っぽい感じになってしまいます。
それが会社内で何度もチェックを繰り返すことで最終的に商品になっていきます。
本当は最初からいいものを作りたいのですが、なかなか思うように行きません。
経験が少ないから、というのとデザインの研究が足りないためだと思います。
なので、身の回りの気になるデザイン、目を引くデザイン、自分がこれを買いたい!と思った広告などをもっと研究してみようと思います。
それから、どんなふうにデザインすればお客様の心を掴めるのかと考えると難しいですが、自分が心を動かされたデザインはどこが良かったのか、と考えると答えが見えて来るのでは?と思います。

今度、初めて1からチラシを作ることになりました。
まったくの無駄になってしまうのではないかと思うと怖いですが、今の自分に出来る最大の工夫をするつもりです。
この仕事が自信になり、今後の仕事に役立てばと思います。

Facebook Likeboxの幅をはみ出さないようにする方法

FacebookのLikeboxをレフトナビやライトナビに使用しているサイトが多い今日この頃。
先日、Likeboxを組み込んだサイトを見ると、幅がはみ出していました。
前日まではそんなことは無かったのに…と思いながら、
他のLikeboxのあるサイトを見ると、やはりはみ出していました。

調べてみると、仕様変更があったようです。

Facebookのオフィシャルなページを見ると、
「最小は292px」とあります。

現在のサイトは、レフトナビやライトナビの幅が292pxも無いところも多いのが現状。

これは、CSSで解決できます。
以下のコードを追記してみてください。
幅がはみ出すことなく、ちょうど100%に表示されます。

div.fb-like-box,
div.fb-like-box iframe[style],
div.fb-like-box span {
width: 100% !important;
}


お困りの方はご参考に。

ディーシーエススタッフ写真
  • スタッフ

  • スマホサイト制作ならディーシーエス

    建築写真ならディーシーエス

    恵山工業 鉄骨建築、建設用重量鉄骨の建方、加工工場恵山工業 国土交通大臣認定 鉄骨製作工場 Mグレード

    ごとう観光バス 日帰り観光バスツアーとくたび、貸切バスなら岐阜県中津川市のごとう観光バス

    檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売は木曽の志水木材産業株式会社

    注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

    タイル貼り工法のなまこ壁は中津鋼材

    安城、西尾、西三河で地震に強い注文住宅を建てるなら吉良建設株式会社

    中津川市の葬儀、恵那市の葬儀は丸八葬祭へ

    中津川市のビジネスホテルはプラザホテル栄・淀川