岐阜県中津川市のホームページ制作会社なら株式会社ディーシーエス

『慎』

安部部長の後に続いてタイトルをつけさせていただきました。

今年は私にとって激動の一年でした。
ディーシーエスに入ったのが去年の11月。
今でやっと1年経ったといえるのではないでしょうか。
ディーシーエスの仕事を色々な側面から見たことにより、私らしさをやっと発揮できるようになってきました。
いままでは「ディーシーエスはすごい人の集まりだから」と、私はお手伝いのような仮面を被っていたのですが、
社長に見破られ、実は仕切りやで、根本から見直したり、段取りを建てることこそまずやりたい!という性格と本質を活かした
ディレクターを後期は任命され真摯に随意させて頂きました。

とても責任ある立場だと思います。
だからこそ初心を忘れず、お客様の心にある思いをしっかり汲み取ることを第一に優先し、
丁寧で慎重な仕事をしていこう。
そう思い来年の目標の漢字を「慎」としました。

ディーシーエスのみなさんには鬼ディレクターだとか、無茶振りがすごいとか言われますが、
みなさんの実力を「すごい!」と思っているからこそですよ。

安部部長のコーディングも、岡山さんのデザインも速さと美しさがすばらしいです。
石川さんもどんどん慣れてくれて、様々なデザインをしっかりと生み出してくれています。
いざと言う時は専務に頼めばなんでもやってくれますし、答えてくれます。
早川部長にはコーディングでわからないことがあると、入社当時と同じくらい丁寧に、
しっかり考えて教えてくれますし、ブログで鍛えた文章力から作られる企画には毎回驚かされます。
日置さんは正確で早いタイピングと、こなす力が強く、事務仕事がスペシャルなことはもちろんですが、
切り抜きの速さ、記事を書くスピードなども本当に早くて何でも頼めて頼りになります。
社長はいつも色々なことを気にかけてくれるけども、絶対指針はゆるがず、
どんどん前に進んでくれるので、安心して船頭をまかせられます。
こんなに楽しくて、頼もしい仲間に囲まれた職場ははじめてです。

さらに「慎」は今期新しく入った仲間に向ける姿勢でもあります。
私が出来るからと簡単に思わず、基礎からしっかりと何度も丁寧に慎重に進めて教えていく。
オーバーワークをさせないように気をつける。
車に制限速度をオーバーさせても、目的地に付く時間は1時間も変わらないのと同じように、
しっかり確実に進めていけるよう寄り添う。

なんだか堅苦しい文章になってしまいましたが、
毎日が楽しく充実した1年であったこと、
自分がとても成長できた1年であったことは間違いありません。

来年はさらにそれを活かして、ディーシーエスがもっともっと大きくなり、
中津川市、恵那市の方に「頼りになる!」と思われるよう、
一生懸命努めていきたいと思っています。

生まれも育ちも中津川市だからこその嬉しいお仕事もありました。
ディーシーエスに就職して本当に良かった!
ありがとうございます!

みなさまよいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。

『芽』

本日で仕事納めでした。
1年間ありがとうございました。
このスタッフブログでは、いろいろな方が読んで下さっているようですが、そんなことを気にしないで好き勝手に書かせて頂いております。
読んで下さっている方、ありがとうございます。

さて、12月のハードスケジュールをクリアし、1年間をゆっくりと振り返っている訳ではないですが、ディーシーエスのスタッフは増え、仕事も増え、忙しい1年でした。
建築写真撮影は100棟以上の撮影をいただき、
ホームページ制作ではwordpressを利用したスタッフの方で運営できるホームページなど、いろいろなことに自分が挑戦できました。
また他にもホームページの運営セミナーなんかも始まり、ホームページについて3時間話し続ける機会をいただき、楽しい1年でした。

1年で大きく変わっていくディーシーエスの流れは今後どうなっていくのかよくわかりませんが、
1年前にやっていたこととは格段にレベルが上がり、本当に流れの速い中で動いていると実感しています。

でも、まだまだです。
今後もっとディーシーエスらしさを出し、もっと多くの方へディーシーエスのサービスを知っていただくには、もっと走らないといけません。
どれぐらいで満足できるところへ立てるのかはわかりませんが、『調子いいね』とみんなで思えるところまで早く駆け上がりたいと思っています。

来年に目標に『芽』を挙げました。
まだまだ私どもは、大木でも花を開いたものでもありません、ただの『芽』です。
しかし、『芽』を出すためにゆっくりとですが、細い根を張り、栄養を蓄え始めてきました。
これからすくすく育ち、大きな花を咲かせたいとその準備段階のできる1年にしたいと思っています。
花を咲かせるのは、もう少し先です。
とてつもなく大きな花を咲かせるには、それぐらい欲張りでいいかなと思っています。

また新しい仲間も加わり、社内でたくさんの『芽』を育てていくこともこの1年には大切なことです。
ディレクターの芽、カメラマンの芽、デザイナーの芽、コーダーの芽、ホームページ運営の芽、社内でもたくさんの芽がポツポツと芽吹いています。

来年の目標である『芽』を頭の片隅に置いて、楽しい正月休みを迎えたいと思っております。
1年間ありがとうございました。
そして、来年もお願いします。


実験の答え・・・写真撮影の面白さ

先日、私の子供が書いた『サンタさんへの手紙』を撮影した写真を掲載して、
写真撮影の面白さ
というブログを書きました。

特別な内容を書いたというわけではありません。
あれは実験です。

どっちが・・・・
という実験でした。
ホームページの順位を上げることについての実験を試してみました。

というのは、弊社の建築写真撮影サイトのスタッフブログ内に、
『夜景写真撮影の面白さ』
という記事があります。
その記事が、毎月数名のアクセスを持っていることに気がつき、検索キーワードが『写真撮影の面白さ』でした。

『写真撮影の面白さ』というキーワードで写真のことを知ろうとしている方がいるのは発見でした。
そこで、建築写真撮影サイトではなく、このディーシーエススタッフブログで同じようなタイトルで記事を書いたらどうなるかなという実験です。

yahooで本日現在、『写真撮影の面白さ』で検索すると、このスタッフブログ内にある『写真撮影の面白さ』が7位。
建築写真サイトの『夜景写真撮影の面白さ』が12位。
以外に良い位置にいますね。

写真に興味を持ち始めている方がもしかしたら見に来てくれて、ディーシーエスに興味を持ってくれるかもしれません。

アクセス解析から、ちょっとしたキーワードに目を向け、そのキーワードから何かを試してみること、ホームページでできる大切なことですね。
今度、『写真撮影の面白さ』で何人アクセスが来るのかもちょっと楽しみです。

検索数の少ない、細かいキーワードを入れたページを量産して、ホームページへの入口を増やしていくこと、これがスタッフブログからお客様を集めていくコツです。
自社のサイトのアクセス解析を何人来たね、だけで終わることではなく、次につなげることを考えてみてもいいですね。

こだわりの十割そば

先日、ディーシーエスの忘年会の際に、
手打ちの十割そばを切らせていただく機会がありました。
そばを打ったのは、ホテルの板長さんで、私はのした蕎麦を包丁で切りました。

この蕎麦は、美味しいと評判の開田高原産のそば粉を100%使用した、手打ちの十割そばです。
今回のそばは、つなぎの小麦粉は入れずに、
オヤマボクチというヤマゴボウの根をつなぎとして使用しているため
コシが強いという特徴があります。

のした蕎麦を前に、重く大きな包丁を持ち、切った時には、
その固さに驚きました。
力を入れないと切れませんし、上手に切らないと端がぼろぼろとかけていきます。

見た目以上に、かなり力が要る作業です。


抑え板を包丁で少しずつ押しながら、自分では細く切ったつもりでいましたが、
板長さんが切ったものと比べたら、その差は一目瞭然。

右半分は、私が切ったもの
左半分は、板長さん
自分では細く切ったつもりが…この通り。


茹でていただきましたが、私が切ったのはきしめん状態でした。
そばを切るのは思ったよりも、難しいものです。

この蕎麦ですが、十割そばで、つなぎにオヤマボクチを使用していることから、
このような固さになるのだそうです。
小麦粉の分量を増やせばもっと柔らかく打ちやすいそうなのですが、
風味豊かな美味しいそばにするために、小麦粉のつなぎを使わずに打っているのだそうです。

御食事処で提供されるこの美味しいそばには、
見えないところで板長さんのこんな努力があったのですね。
材料にこだわり、作る過程が大変であっても味のためには妥協しないという、
そんな姿勢が伝わってきました。

板長さんは毎日、手作業でそばを打ち、ご宿泊のお客様に提供されています。
お客様の中にはこのそばをとても楽しみにしている方も少なくないのだとか。
私も忘年会などでこのホテルを訪れた際には、
いつも他の料理よりもこの蕎麦の方が楽しみだったりします。


そばと言ったら、もうすぐ年越しそばの時期ですね。

ディーシーエスは本日が仕事納めとなりました。
今年も残すところ、あと2日です。

大みそかは今年一年の出来事に思いを馳せながら
家族みんなで美味しい年越しそばを食べる…
こんな習慣も大切にしていきたいですね。



切る前に伸すのですが、この均等な薄さにするのがまた難しい。
これぞ、プロの成せる業。


板長さんのその手さばきには思わず見とれてしまいます。






馬籠宿を散策

先日、馬籠宿に行ってきました。
馬籠宿は、中津川市にある木曽11宿の最南端の宿場町で、
文豪 島崎藤村の生まれ育った場所でもあります。

この馬籠宿、国道19号線で馬籠宿の看板がある交差点で東へ曲がり
暫く走ったところにあります。
島崎藤村の長編小説 「夜明け前」に「木曽路は全て山の中」という書き出しがある通り、
馬籠宿からは木曽の山々を眺めることができます。

そして、馬籠宿といったら坂の街道と、石畳が印象的です。
その町並みは、江戸時代にタイムスリップしたかのようです。


この日、天気はあいにくの雨でしたが、
ひなびた趣のある感じの写真が撮れました。

宿場町の古く落ち着いた雰囲気は、太陽が照りつける日よりも
雨の日のほうがしみじみと感じられて良いかもしれませんね。

夏場は観光客が多く訪れるこの場所も、
冬場は混雑せずにゆっくり見て回ることができます。

石畳の街道を、江戸時代を感じさせる町並みの風景と
木曽の山々の景色を楽しみながら歩いてみてください。
立ち並ぶ土産物店で、木工製品などのお土産を選んだり、
名物 栗きんとんや五平餅を味わったり、
馬籠宿ならではの楽しみがあります。

中津川市にお越しの際は、ぜひ訪れてみてください。



町並みと調和した外観の郵便局。
郵便局の前には、昔なつかしい、丸いポストが。


水車がクルクル回転していました。


展望のが良い場所に、東屋が。
晴れていれば恵那山が見えたようです。


道沿いに設置されている消火器。
歩いているといくつも見かけます。


藤村記念館。



正社員になりました

私がディーシーエスの一員となってから、3ヶ月が経ちました。
試用期間ということで今まではパートで働いていたのですが、これからは正社員として勤務させていただくことになりました。
まだまだ出来ないことも多く、周りのみなさんに助けていただくことも多いですが、この3ヶ月は私にとって、とても新鮮で充実した毎日でした。
ホームページがどう作られ運営されているか、商品を売れやすくするにはどんな対策がされているか、売れるデザインをつくるにはどんなテクニックが必要か…など、たった3ヶ月なのにたくさんのことを吸収できたような気がします。これらをメモした自分の手帳は、宝物です。
そして、これからもいろいろなことを吸収しながら成長していきたいと思っています。

しかし、来年からは今までと違う課題がたくさん生まれてくるのではないかと感じています。
先日、社長に「正社員になるにあたって、今までと一番違うところは何だと思う?」と聞かれ、私は「責任ですか?」とたずねました。すると「そうだな。それが一番だよな。」という答えが返って来ました。
私は今まで正社員になったことがなく、この「責任」の本当の意味が分かりません。
しかし、ディーシーエスに入った一番の目的は「プロとしてきっちりと仕事を完成させ、お客様にご満足いただくこと」なので、それを達成するには本当の責任感が何なのか知る必要があると思います。
そのため、来年からは「甘えを捨てて自分の仕事をやりきること」をテーマに、デザインやコーディングをがんばりたいと思います。






余談ですが、趣味でお茶とお花を習っております。
心が豊かになるし、デザインセンスも上がるかな?と思って続けています。
きっと自分の成長とともに、作品の出来も良くなっていくはず…。
今の作品はこんな感じですが、もっとプロっぽいものを作れるようになりたいです。


続けること

先日 地元の印刷会社に勤務していた時の先輩から

12月29日に「ボウリング頂上決戦」という番組に出演するから見てね。
こういった内容の連絡をいただきました。

先輩がボーリングを趣味にしていることは知っていました。

地元の月刊誌(月刊いいだ)の1ページにボウリング場主催のボーリング大会なるページがあるのですが、
たびたび上位表彰者として写真付きでコメントが書かれているのを拝見していました。


もうあれから、どうでしょ、10年は経過していますね。

続けていたんですね。

改めて、続けることの大切さを痛感しました。

先輩は最後に
「いっぱい恥をかいてきたよ。」
とも言っていました。


この一言で、あ~まだ上を目指すんだな~。
そう感じました。

怠惰に一日一日を送るのではなく、
目標や目的をもった生活の送り方をしたいと
感じさせていただきました。

今年を振り返って。

ここ最近ディーシーエスでは「年賀状祭り」とも言える印刷ラッシュでした。

プリンターもよく頑張ってくれていましたが、みんな自分が抱えてる仕事をこなしながら

寝る時間も惜しんで作業している姿には心を動かされ私も私なりに手は遅いですが頑張りました。

昨夜は、しばらくなかった自分の時間ができたのでお食事会?忘年会?にご招待され行ってきました。それぞれが料理を持ち寄っての会で、「オシャレ・和」がテーマと聞いていたので塩麹&バジルの焼き鳥とお漬物と愛用のトリュフソルトを持って参加してきました。

ステーキ、牡蠣、いろんな料理が用意されましたが1番は「ゴッコ汁」という北海道の郷土料理を頂きました。(お持ち帰りまでしちゃいました)

魚はとても奇妙で見るに耐え難いものですが、プルプルのゼラチン質でとても美味しかったです。

DSC_0146

と、リフレッシュしてきましたが今日が私には最終日です。

この2ヶ月で私はいろんな事を学びました。でも、まだわからないことだらけで

異空間にいる感じですが1つ1つのことが自分の肥しとなっていることに間違いはありません。

SEO対策という言葉、意味もわからなかったのがみんなの仕事を見ているうちに、

聞いているうちに、勉強しているうちに少しづつわかってきました。

来年はさらに勉強に励んでお客様のために、自分のために、仲間のために頑張ろうと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

丸八葬祭様のmaika1月号のチラシを制作いたしました。

maika1月号に掲載される丸八葬祭様のチラシデザインをしました。

今回は丸八葬祭様のスタッフ紹のチラシとなっております。
皆様のご希望に副って相談に乗っていただける「葬儀ディレクター」が対応してくださいます。
もしもの時のために是非ご相談されてはいかがでしょうか。
丸八葬祭様_まいかチラシwin_cs3ol

スタッフブログを始めませんか

ディーシーエスではこれまでに、数多くのクライアント様のホームページの制作を行ってきました。
そしてたいていのサイトにはスタッフブログを組み込み、
納品後もクライアント様がブログの更新を続けています。

私の担当させていただいているクライアント様も、ブログを書かれています。
宿泊施設のスタッフの方は、先日、ホテルの庭に雪が積もったことや
新しいメニューが始まったという情報も書かれていました。
地元の建築会社の社長様も、新築住宅の内装がほぼ完成したと報告されていました。
ナチュラルカフェのスタッフの方は、その日の日替わりメニューを紹介されていました。

自分がこうした宿泊施設や会社、お店を利用しようと思っている客としての立場だったら、
こうしたスタッフブログもチェックし、お店選びの参考にすると思います。
スタッフの方自らが書いたブログを読むことで親近感がわき、
「ここに行ってみたい」 「この方に注文したい」
そう思うかもしれません。

ホームページの一般的なコンテンツは、会社概要や事業内容、
商品紹介などは一通り掲載されていますが、
それだけではなく、もっと働いているスタッフの方やオーナーさんの顔を出して、
どんな人が作っているのか、働いているのかを見せていきましょう。
ホームページを見た人は、信頼感を感じることができます。

スタッフが書くブログは、その人の人柄や考え方が表れるもの。
スタッフブログを読むと、その会社の、オフィスの、店舗の、そしてスタッフの空気が伝わってきます。

スタッフブログは更に、SEO対策としても大切な役割を果たしています。
キーワードを入れるようにして記事を書き、頻繁に記事の追加や更新を行うことは、
検索上位表示のためにも有効です。

お客様への印象UP、SEO対策にスタッフブログを始めてみませんか。
ディーシーエスでは、スタッフブログを含め、ホームページの制作を行っています。

スタッフブログは初めて、書き方が分からないという方でも、
書き方のアドバイスもさせていただきます。

よく、パソコンが苦手なので難しいのではないか、という声も聞かれますが心配ありません。
どのパソコンからでも記事の投稿ができる、使い方の簡単なシステムを利用しています。

ホームページからの集客を強化したい方、売り上げを増やしたい方
スタッフブログを始めてみませんか。
一度、お問合せください。

ディーシーエススタッフ写真
  • スタッフ

  • スマホサイト制作ならディーシーエス

    建築写真ならディーシーエス

    恵山工業 鉄骨建築、建設用重量鉄骨の建方、加工工場恵山工業 国土交通大臣認定 鉄骨製作工場 Mグレード

    ごとう観光バス 日帰り観光バスツアーとくたび、貸切バスなら岐阜県中津川市のごとう観光バス

    檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売は木曽の志水木材産業株式会社

    注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

    タイル貼り工法のなまこ壁は中津鋼材

    安城、西尾、西三河で地震に強い注文住宅を建てるなら吉良建設株式会社

    中津川市の葬儀、恵那市の葬儀は丸八葬祭へ

    中津川市のビジネスホテルはプラザホテル栄・淀川