岐阜県中津川市のホームページ制作会社なら株式会社ディーシーエス

明けました

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

お正月休みは、地元に帰省し家族と過ごしました。
実家や親戚へも新年のあいさつにまわり、
みんなの元気な姿と笑顔を目に焼き付けてきました。

体も心も充電完了です。

仕事初めは、住宅披露見学会のチラシの作成です。
写真の選定、補正、切り抜きから始まりました。

いったんPCに向かってしまうと
昨日まで長いお休みをしていた感覚はどこかに
飛んでいきました。

マウスを握るった瞬間に気が引き締まりました。

今年もやらなければならい事、
クリアしないといけない目標がたくさんあります。

スタッフの個々の経験値も高まり昨年度より、よりよい提案、
よりよい制作物をご提供できるように、邁進してまいります。


今年もどうぞ、よろしくお願いします。

今年もあっと言う間の1年間でした。

今年もあっと言う間の1年間でした。
年を重ねる度に1年が短く感じます。

つい先日、おせち料理を食べて、ちびっ子達にお年玉を渡したような、
そんな感覚です。

1年間を振り返りますと、いろいろな事がありました。

私自身は、デザイナー経験のあるスタッフの増員で
デザインについてとても良い刺激をうけることができました。

そして、たくさんのクライアントさんとお仕事をさせていただく中で、
今までとは違った切り口から情報をわかり易く発信するコツや
見せ方を学ぶことができました。

決して一人では成し得ない、貴重な経験をさせていただいています。

来年も具体的な目標を掲げ、それに向かってチャレンジしていこうと思います。


今年1年間、ありがとうございました。

来年も、よろしくお願いします。

季節の移り変わり

桜通りのイチョウ並木。

20131203_桜通り02

この日は天気がよく、空のブルーと銀杏のイエローとのコントラストが素晴らしかった。

20131203_桜通り01

しばらくこの場に留まって、撮影タイムとなりました。

季節の移り変わりを肌と目で感じながら、
気持ちが優しくなれた休日でした。

今年も残すところ、あと3週間ほどです。
集中して取り組んでいきます。

父のゆる鉄写真

20131121_ゆる鉄写真

先週の休日に実家のキッチンで撮影した
ゆる鉄の写真です。

キッチンのこの場所は、父が撮影したお気に入りの写真が定期的に入れ替えられて
飾られます。

この写真を見る度に季節の移り変わり感じることができます。

撮影場所は、長野県上伊那郡中川村。
飯田市から車で20分ほどの場所になります。

赤そばがありますので、季節は9上旬から10月中旬ですね。

私もこの場所へ足を運んでみたくなりました。

写真を通して、見る人の気持ちの変化や
なんらかのアクションを起こすことができれば、
撮り手としては大成功!!
そんな、写真を私も撮影したいと思いました。

ゆる鉄

先日 

「これからのお父さんは、趣味を「ゆる鉄」撮影にします。
鉄道写真家の中井精也を知っていますか?検索してみてください。」

という趣味に関するメールが父から送られてきました。


今年に入ってから、マレットゴルフにはまり
休日は、Myスティックを持って出かけていくと
聞いていましたが、
趣味をもうひとつ増やす予定のようです。

撮影も、マレットも十分な体力が必要です。
健康な体があってこそ!!無理しない程度に謳歌してほしです。


そして私は、さっそく中井精也という人物を検索キーワードとして入力。
(便利な世の中です)

「1日1鉄」のブログがヒットしました。
そこには、中井さんの造語「ゆる鉄」写真がありました。
2007年から毎日更新されています。

他にもいろいろ検索しまして、どうして「ゆる鉄」を撮影しようと思ったのか?
動機についても知ることができました。
(本当に便利な世の中です)

鉄道について、何も知識のない私ですが
カメラを介してなら、お近づきになれそうな気がします。
鉄道を風景の一部にした写真を撮影してみたくなりました。

頭の中には、撮影したいスポットが4箇所くらい思い浮かびます。
どれも、地元のローカル線上にあるスポットです。
イメージでは、よい写真が撮れそうなのですが、きっとテクニックが必要。
難しいと思いますが私も父と一緒にチャレンジしてみようと考えています。

「努力はベクトル量」だ!

たまたま拝見した、とある番組で、東進ハイスクール現代文講師、林修さんが
「努力はベクトル量」だ!
このようなことをおしゃっておりました。

努力は単純に量をやればいいけれど、
方向性を持った量が必要だということです。

ゴールに向かって、努力をしていても
ベクトルの向かう先が間違っていては、その努力は無駄にはならいけれど
(努力をしているので、ある程度の結果や効果はでるけど)設定したゴールには、
なかなかたどり着かないよ、という内容でした。

5分ほどの話だったと思うのですが、
聞き入ってしまいました。

自分の努力の方向性が合っているかどうかは、
チャレンジ途中、または結果がでてからでないと
分からないのでは?と思ったのですが、

そこでの対処法として、

自分の頑張りの方向性はどうかを
周りを巻き込み、意見を聞きながら客観的に見ていくことが大切ということです。

最後に、
『努力は裏切らない』といいますが、
正しくは、『正しい場所で、正しい方向で、十分な量なされた努力は裏切らない』
と補充すべきとのことでした。


こうやって、ブログの場を借りて
先日の番組内容を思い返し、アウトプットすることで
自分の中にもう一度落としこめることができたので
よい機会になっています。

爪が長いと…

爪が長いと仕事の効率か落ちます。

なぜでしょう?

それは、タイピングが思うようにいかないからです。
必ずといっていいほど、打ち間違えが発生します。
その度に、BackSpaceキーを連打する動作が必要になるからです。

その時点で、打ち間違えに気付くことができなかったら、校正時に時間がとられます。

確かな仕事をするためには、
望むべき身体の準備も必要なのですね。

早いもので11月

11月に入り、今年もあと2ヶ月となりました。
2ヶ月という表現は、若干長いように感じられますが
あと9週間という表現では、どうでしょうか?

とても、短く感じます。

年々1年が過ぎるのが早くなっているように感じます。

あと9週間を、仕事もプライベートも
充実したものにして新年を迎えたいと思います。

悔いの残らない年であるよう
残りの時間を謳歌したいと思います。

年末に向けてラストスパートです。


(そろそろ 年賀状の準備を始めなくては☆)

矢印を展開

デザインのおもしろい所は、
1つのものを表現する時に、
何種類ものパターンを用意することができるところです。

たとえば、「矢印」のデザインです。

20131101矢印
ぱっと、思いつく限りの矢印をデザインしてみました。

時間をかければ、もっとたくさんの「矢印」作り出すことができます。
色のバリエーションを加えれば、矢印は無限にデザインできます。


といったように、求められる要素には
何種類も表現方法はあるのですが、
それと一緒にレイアウトを構成するものに応じて、
適切なデザインの表現方法がおのずと決定されてきます。

まずは、1つのお題に対して、どれだけ引き出しがあるか?
そして、それを形にできるかどうか?ですね。

ルール

デザインの現場では、1つ1つの仕事を仕上げるために
制作者が作るルールの中でデザインが構築されていきます。


たとえば、A4タテの作業領域があり、
そこに1枚の写真を配置することで、完結するデザインの仕事があるとします。

さて、配置する写真のサイズは、配置位置は?解像度は足りる?写真の向きは?

難しいですね。

左から○○cm、上から○○cm、写真の大きさはタテ○○cm、ヨコ○○cmに配置。
という正解があればラクなのですが。。。

配置する写真にも空間を利用した写真である場合は、さらに難しくなります。


経験や知識の積み重ね、または、感覚から、
作りあげることからはじまる自分のデザインルール。

そのルールが「らしさ」につながります。

ルールさえあれば、上記のようなデザイン依頼の場合でも
しっかりゴールへ結びつけることができます。

そのルールは、改良を重ねて進化し続けます。

ディーシーエススタッフ写真
  • スタッフ

  • スマホサイト制作ならディーシーエス

    建築写真ならディーシーエス

    恵山工業 鉄骨建築、建設用重量鉄骨の建方、加工工場恵山工業 国土交通大臣認定 鉄骨製作工場 Mグレード

    ごとう観光バス 日帰り観光バスツアーとくたび、貸切バスなら岐阜県中津川市のごとう観光バス

    檜風呂(ヒノキ風呂)の製造販売は木曽の志水木材産業株式会社

    注文住宅なら愛知県小牧市・岐阜県中津川市の株式会社広和木材

    タイル貼り工法のなまこ壁は中津鋼材

    安城、西尾、西三河で地震に強い注文住宅を建てるなら吉良建設株式会社

    中津川市の葬儀、恵那市の葬儀は丸八葬祭へ

    中津川市のビジネスホテルはプラザホテル栄・淀川