建築写真におけるシフトレンズの必要性

2015年11月4日 竣工写真撮影

小林 昇

シフトレンズってあまり馴染みがないかもしれませんが、建築写真を撮影する人、料理を撮影する人にとっては必需品ですね。

シフトレンズは昔の蛇腹のついたカメラの現代版で、シフトとチルドができる機能を持っています。
たとえば通常のレンズで高層ビルなどを撮影する場合、隣のビルの中層階から撮影できる場合は別ですが、通常は地面からの撮影をします。
この場合、当然ですがビルを見上げるようにカメラを傾けビル全体を撮影するわけですが、建築写真ではご法度とされています。
この撮影方法ではビルが先細りになってしまうからです。まあ、このような写真もわざと撮影する場合もありますが、できれば高層ビルでもしっかりと垂直線を出したいわけです。

そこで使うのがシフトレンズです。このレンズは上下にスライドする機能がついていて、下の写真のようになるわけです。
人間の目ではこのようには写らないわけですが、建築写真ではこのような写真がセオリーとなっているんです。

目的としては、ビルの形状や上層階までもしっかりとディテールがわかるようにすることで、より写真が説明的になります。

(写真は後日掲載します)

もちろん前に説明したフォトショップを使った修正も可能ですが、デジタル画像はフォトショップなどで修正を加えれば加える程、画像が劣化してしまいます。

シフトレンズは建築写真家にとってなくてはならないレンズだといえます。
最近ではキャノンからTS-17が出ましたね。これは超広角レンズのため引きが出来ないビル街で高層ビルを撮影する場合にも有効です。

次回は料理におけるシフトレンズの使い方を紹介しましょう(専門ではありませんが)

内覧会シーズン到来 ディスプレイサービスの依頼をたくさん頂いています

2015年10月24日 日々のこと竣工写真撮影

小林 昇

もうすぐ11月。
ディーシーエス、そしてディーシーエス・フォトでは内覧会シーズンを迎え慌ただしく過ごしています。
ディーシーエス・フォトでは昨年より始めたディスプレイサービスがようやく認知されはじめ、依頼も多く頂けるようになってきました。
地元の工務店様はもちろん、片道3時間もかかる遠方の工務店様までこのサービスを利用して頂けるのは本当にうれしく感じています。
ディスプレイサービスをすることにより、何もない住宅に比べ生活感があふれ、お客様に生活をイメージしていただける内覧会や竣工写真。
弊社ではこのサービスの実現のために試行錯誤を繰り返してきました。

すべての部屋をディスプレイするにあたり、
1、家具
2、雑貨
3、観葉植物
4、生花(いけばな)
など、特に家具と雑貨は膨大な量になり、保管の問題、運搬の問題、厳選された雑貨の仕入れ購入、家具や雑貨などの定期的な入れ替え、内覧会が重なった時のセット数など一番のネックは費用対効果です。
見学会へ来られた方に、この家に住みたい!そう思っていただけるようなディスプレイを安価に提供するのが使命でした。
中途半端なディスプレイでは工務店様や見学に見える方へ何も伝わらず、その家や工務店の印象をも悪くしてしまう危険もあります。
費用を抑え、なおかつ工務店様に満足していただき、更に次の内覧会にもこのサービスを利用して頂く。ここを目指し様々な工夫をしてきました。

今後もディスプレイサービスに一層の力を注いでいく方針です。
工務店様とお客様をあっと驚かせるディスプレイを目指し進化していきますので、ご期待ください。

EK8A6446

EK8A6447













名古屋市のデパートで店舗撮影 株式会社ディーシーエス・フォト

2015年10月13日 日々のこと竣工写真撮影

小林 昇

先日、東京の業者様から依頼で、名古屋のデパートへ新たに開店する店舗の撮影に行ってきました。
ディーシーエス・フォトでは新築住宅の竣工写真撮影はもちろん、今回のような店舗撮影や開業する病院の撮影、または工場の撮影なども行っています。

今回は名古屋栄のデパートに出店する店舗の撮影ということで、開店前の8時からの一時間で撮影をしてきました。

EK8A6270

このような店舗撮影は一般住宅と違い、均一な店内の照明がしっかりとあり、また、太陽光などの光もなくミックス光にならないため露出の予測もしやすく撮影し易いという特徴があります。
その中で気を付けたいことは、蛍光灯による色温度(ホワイトバランス)の調節です。マニュアルで少しづつ色温度設定を変えながら、5枚ほど撮影します。

表現したいのは店舗の雰囲気や広さや明るさ、どんな商品がおいてあり、お客様が写真を見て店内を歩くことを想像できるような写真です。
今回は女性の商品が中心のお店のため、女性目線で撮影しました。
女性の平均身長は158センチ。そして目の位置はマイナス15センチ(頭から)くらい。ということで三脚を140センチの高さに設定。
これで女性の目線と同じになり違和感がなくなるはずです。


写真は徹底的な違和感を排除することでどんどん良くなります。
カメラの位置は高すぎず低すぎず、不要物は写っていないか、明るすぎたり暗すぎたりしていないか、見たいところが切れてしまっていて気持ち悪い写真になっていないか、歪んでいないか、などを排除し一発で「良い写真」と判断してもらうことが大切です。
ファインダーをのぞいた時に四隅までしっかり確認し、シャッターを押すことが大切です。

EK8A6303

内覧会で受注率を上げるディーシーエス・フォトのディスプレイサービス

2015年10月1日 日々のこと竣工写真撮影

小林 昇

このブログで何度も紹介をさせていただいていますが、ディーシーエスフォトでは内覧会での受注率アップを目的に、ディスプレイサービスを行っています。
家具はもちろん厳選された雑貨や植物を配置し、より生活するイメージを演出することを心がけています。

最近では遠方からの依頼も多くなり、あらためてこのディスプレイサービスの需要があることを確信しています。

工務店様からの感想
1、ディスプレイの有無でこんなにイメージが違うのかとビックリした。
2、リビングはもちろん、子供用の靴や服、それに書斎のアンティークなカメラなど女性だけを意識せず家族みんなに合わせた雑貨で雰囲気がでていて良い!
3、雑貨の一つ一つがおしゃれ。
4、雑貨に物語を感じる
5、簡単な家具と少しの雑貨だけかと思っていたけど、量と質とセンスに驚いた。

など、たくさんのお褒めの言葉を毎回たくさんいただいています。
このディスプレイサービスで工務店様には一軒でも多くの受注をしていただき、またディスプレイサービスをさせていただくという好循環を作りだしていければと思っています。

そのためにはマンネリにならず、毎回サプライズをご提供できるようにと、ディーシーエス・フォトスタッフ一同話し合っています。

さて、来週のディスプレイには何を仕掛けようかな~。考えるだけでも楽しいです。
ご注文お待ちしています!

EK8A2214

EK8A2215

EK8A2216

EK8A2223

EK8A2803

EK8A2804

EK8A2814

EK8A5025

EK8A5028

EK8A5036

EK8A5038

EK8A5413

EK8A5430

EK8A5640

EK8A5653

EK8A5655

EK8A5656

EK8A5845

EK8A5857

EK8A5859

EK8A6890

ホテル富貴の森 満点の星空撮影

2015年9月21日 日々のこと

小林 昇

「ホテル富貴の森」は長野県南木曾町の山奥で、まわりは何もなく夜になれば真っ暗です。
魅力は何といっても温泉と満点の星空です。
星空を全国の人に伝えたいがなかなか上手く撮影できないということもあり、先日撮影に行ってきました。
ホテル富貴の森は今年、「星空テラス」をつくり、寝ながらにして満点の星を見ることが出来ます。また、露天風呂に入りながらの天体ショーは格別なものがありますね。
満天の星 ホテル富貴の森のホームページ

星空の撮影は以外に簡単
星空撮影は難しそうと思っている人も多いと思いますが、意外と簡単です。
注意することは
1、三脚を使う
2、ISO感度を上げる
3、シャッタースピードを10秒から30秒くらいに設定する
これだけで撮影できます。
(拡大するときれいに見えます)

満点の星空

満点の星空






上記の方法で撮影したのがこの写真です。
天の川まで見えますね!

次の写真はちょっとだけ難しいです。
星空テラス



星空の明るさと、ランプ(照明)の明るさが全く違い、普通に撮影すると星空と照明が当たっている部分を一緒に表現することができません。
手順は以下の通りです。

1、照明のない真っ暗な状態でシャッタースピードを30秒に設定します
2、照明を手動にして30秒シャッターが開いているうちの1~5秒程度(照明の明るさにとって変える)だけ照明を点灯する。

これだけです。

この方法で表現したい写真を作りだしていけばOKです。デジカメなので何枚でも実験できますね!

露天風呂2

露天風呂


継続は力なり ウォーキングの効果

2015年9月3日 日々のこと

小林 昇

本日健康診断があったので報告を兼ねブログの順番変更です!

半年前から毎朝ウォーキングを行っています。もちろんダイエットが目的です。
病院では「小林さん!痩せないと病気になります!血圧も高いし数値もこんなに上がっていますよ」と言われ嫌々始めました。ちなみに血圧は160-105でした。いつ切れてもおかしくないですね。
毎朝、4時半から一時間、最近は暗いので5時から一時間自宅周辺を7km弱歩きます。
ウォーキング2

朝5時15分 まだ薄暗いけどすがすがしい


ウォーキングの習慣は今まで一度もなかったので最初は足は痛いし大変でしたが、少しずつ体重も減り始め、また、体を動かすことが気持ちよくなってきました。
今では、朝起きるのも歩き出すのも全く苦痛を感じなくなってきたのは大きな収穫です。
朝の空気はさわやかで気持ちいいし、田んぼの稲などを見ながら季節の移り変わりも感じられ、このまま一生続けたいと思っています。

さて、本題に入りましょう。ただ歩くのも気持ちいいものですが、せっかくの朝のゴールデンタイムを運動だけで過ごすのはもったいないな~と感じいろいろな事を試してきました。

1、音楽を聞きながら気持ちよくウォーキング
これは、正直気持ちいいです。リズムもよくどんどん歩ける感じです。しかし生産性がないのでやめました。朝の時間、頭と耳を音楽に使うのはもったいない。

2、仕事のことを考えながらメモを片手に思いついたことや段取り、アイデアなどを書く。
これは、朝のすっきりした脳を使うのにはかなり良いです。しかし、歩きながら書くのも結構面倒になります。ボイスレコーダーなどいいかもしれませんね。
何か考えを構築しなければならないときに行います。動いているとどんどんアイデアが浮かびます。

3、アイフォンでポッドキャストなどを聞く
結局これが一番でした。歩いていると完全に脳と耳はあいています(使っていない)。歩いているので脳も活性され、難しいこともどんどん入ってきます。

では何を聞いているかというと
聞く日経
●聞く日経 
月額600円と有料ですが、日本経済新聞を毎朝朗読しくれる素晴らしいサービスです。
毎日聞くので世の中の流れがよくわかり、そのあと新聞を読んでも理解度が違います。
これは絶対聞きます。

ザボイスそこまで言うか
●ザ・ボイスそこまで言うか!
これは朝4時からやっている日本放送のラジオ番組で、ポッドキャストでダウンロードして聞きます。毎朝様々な分野の専門家が今日のニュースについて深く解説してくれるラジオ番組です。
この間、朝4時から安倍総理が出演しびっくりしました。
これ、本当におすすめです。ニュースの裏の裏まで解説してくれます。無料だし勉強になります。車の中でBluetoothでもう一度聞くこともあります。

辛坊治郎
●辛坊治郎ズームそこまで言うか!
これは週一回ですが、その週のニュースをめった切る痛快な番組です。これもポッドキャストで聞けます。

●その他、ネイティブな英語のリスニングの勉強などもいいかもしれませんね(私はやっていませんが)。毎日聞けば理解できるようになるかも・・・。ポッドキャストでたくさんあります。

このように毎日毎日、徹底的に耳からのインプットにこだわってウォーキングをしています。
おかげであっという間に一時間のウォーキングが終わってしまうので、土日は1.5倍くらい歩いちゃいます。
朝、雨が降っているとがっくりしてしまいます。

肝心のダイエットの成果ですが6ヵ月で12キロ減を達成することができました(祝)。
それに、本日9/3の健康診断では血圧も135と標準値に戻ったのはうれしい限りです。
おまけに経済や世界情勢にも詳しくなり、新聞を読むのもニュースを見るのも楽しくなりました。
そして更に、早寝早起きも習慣になりウォーキング終了後、30分~1時間読書をしています。今読んでいるのは「カラマーゾフの兄弟」結構難しいですが頑張ってます。
この半年間でたくさんの小説を読みました。
book2

最近読んだ本(いまさら?というのもありますが・・・)


このように朝の時間の使い方で自分をグレードアップさせることができますね(きっと出来てると思う)。
これを一生続けたらどれだけ健康と知識を得られるか!
ウォーキングは良いことばかり。おすすめです!
自分で言うのもなんですが、やっぱ「継続は力なり」ですね!みなさん頑張りましょう~。

ちなみに尊敬する某建設会社の社長さんは、朝の一時間ウォーキングに加え鉄棒でけん垂27回を17年間続けてみえるそうです。すごいな~!

建築写真・竣工写真は工務店のイメージを決定する力がある

2015年8月28日 日々のこと竣工写真撮影

小林 昇

インターネットが発達した現在、家を建てたいと思ったときに必ず検索したり参考にするのが、その会社のホームページや会社案内です。
この工務店はどんな家を作っているんだろう?どんな人が働いているのかな?何が得意なのかな?など様々な情報を得られるのがホームページであり、会社案内なのです。
これから家を建てようとする人は「家族の幸せな生活」や「素敵な家を持つ満足感」を想像します。
工務店の営業マンはお客様に会えばそれをしっかり伝えることが出来ますが、お客様と直接話すことは最初のうちはなかなか難しいでしょう。
理由
1、営業マンに会ってしまうと断りづらくなる
2、何度も家に来るようになるので面倒
この二つが大きな理由です。
そこでホームページや会社案内などでしっかり調べるわけです。
ディーシーエスグループでは工務店様専門にサービスを展開しきました。その経験から言えることは
1、お客様は工法や家の機能のことはあまり考えていない。というか知らない人が多い。
2、工務店を選ぶ理由はデザインや雰囲気を重視する
ということです。一概には言えませんが、デザインや雰囲気はお客様の想像力を掻き立てるのに最も威力を発揮します。
こんな家に住みたいな~。これが一番なのです。

前置きが長くなりましたが、まず第一に竣工写真の出来栄えが大きな威力を発揮します。その家の特徴をしっかり説明できる写真を掲載することは最優先にするべきだと感じています。
現場監督の撮影した傾いていたり暗かったりするような写真ではその工務店のイメージが悪くなってしまうのです。
お客様にとっては一生に一度の買い物です。一目でこの家に住みたいという安心感と快適な生活を想像してもらうことが一番大切です。
ディーシーエスでは、建築写真を専門に撮影しています。
「会社のイメージを決定づける」建築写真で受注に貢献させていただきたいと思います。

IMG_0348

GoodはGreatの敵だ!

2015年8月18日 日々のこと

小林 昇

最近読んだ本の中に、「GoodはGreatの敵だ!」とい文章が載っていました。
なんだかわかる気がする!Goodで満足するのはまだまだ甘い!突き詰めてGreatにしなさい。そんな予測で読んだところ違いました。
要は
Good イコールそこそこ良い。まあまあ上手くいっている。
Greatイコール最高に良い!これ以上ない。
という意味なのですが、
Goodを昇華させるのではなく、Greatを残しGoodを捨てなさい。そうしないと、いつまでたってもそこそこ良いだけの状態から抜けられませんよ。という意味でした。
しかし、今そこそこ上手くいっているサービスをやめてしまうことはとても勇気がいるんですね。
なぜかというと、それを買ってくれる人がたくさんいるから。
しかし、Greatな商品やサービスだけを残し、そこに時間とお金と知恵を集結させることこそ、将来Great以外ない会社に近づくわけです。

よく考えてみれば、ディーシーエスではランチェスター戦略の徹底を目標にしてきましたが、言葉は違えど同じことなんだと。
それはディーシーエスが工務店様だけの仕事に特化したこと。
当初は売り上げは落ち、苦しい思いもたくさんしましたが、現在では本当にこの方向で事業を進めてきてよかったと感じています。
今は全スタッフが工務店様の売り上げをどうやって上げるかを一点集中で考える体制が整った感じがあります。選択と集中ですね。

弊社ではまだまだGoodな商品もたくさんある中、今後は業種だけではなく商品も絞り、更なるGreatなサービスだけを販売できる会社にしたいと考えています。

そうなんです!GoodはGreatの敵なのです。

一歩一歩の大切さ 富士山登山に行ってきました

 日々のこと

小林 昇

お盆休みを利用して8月15日~16日、山小屋一泊で富士山登山にチャレンジしてきました。
遠い先の話だし、「おー、行こう行こう!」とレジャー感覚で誘いに乗ったのが4月。日にちが近づいてくるにつれ、富士山は中年のおじさんには無理なんじゃないの?と不安も増してきましたが、容赦なく当日が来てしまいました。
富士山はご存知の通り3776メートルあり、登山道はいくつかありますが最も登りやすいと言われている吉田ルートにしました。
吉田ルートは5合目スタートとなります。河口湖インター近くの北麓駐車場よりシャトルバスにて登山口に向かいます(約40分)。

いざ登山開始。6合目まではなだらかで快適な山歩きを楽しみますが、その後はひたすら登っていくだけです。
予定のコースタイムは、五合目~八合目の山小屋(元祖室)まで6時間、翌日山小屋を夜中の2時に出発し山頂まで2時間です。
ご来光を見て、その後お鉢めぐり(火口を一周)に2時間、下山3.5時間です。

6合目。永遠に続く登山道
■ 六合目から。頂上はどこ?

世界遺産に登録された影響か、外国人登山者が半分近くいるように感じました。
休憩所(宿、売店)は所々にあり休み休みゆっくり登ります。五合目スタートということもあり、ずっと雲を下に見ながらの登山となります。
下から見ると無理無理!と思ってしまいますが、力を振り絞って登り途中で下を見ると、こんなに登ったのか~と、一歩一歩コツコツ積み重ねる大切さを感じながらの登山でした。
この感覚は仕事にも生かしたい!と思いました(スバラシイ!)。


八合目の山小屋に着いたのが15:00。雲の上の山小屋からの景色を眺めながら、ゆっくりします。夕食後就寝。もちろん雑魚寝状態です。
1:30起床し2:00出発。富士山はご来光を見るために夜中に歩くのが一般的で昼間よりずっと多いです。そう、テレビのニュースと同じ状態です。

8合目 宿泊の山小屋からの眺め
■ 8合目 雲の上にある宿からの眺め


4時登頂成功!苦しかったけど何とも言えない達成感。一生に一度は富士山!下山したらみんなに言おう!

5時ご来光。山頂ではなぜか?国家が流れみんなで合唱。
その後、お鉢めぐり(火口を一周)をして下山しました。

ご来光
■ ご来光。来てよかった!

IMG_1371
■ 頂上の様子。ニュースと一緒!

IMG_1378
■ 富士山の影

IMG_0378
■ 帰りはひたすら永遠と続く天空の道でした

今回の富士山登山は例えると現在ディーシーエスで行っているブログマラソンに似ているな~。と感じました。
ブログを書くのはスタッフにとっては少なからず負担やプレッシャーがかかります。それをコツコツ積上げることで、知らないうちにとんでもない所まで登っていくことが出来るんだと。
ホームページ運営にとってブログは欠かすことが出来ないツールです。
しかしブログを続けることは相当難しいことなんです。

弊社では工務店様にブログを続けられる仕組みと管理を徹底的におこない、工務店様が見たこともない絶景の見える場所までご案内します。

ディーシーエスは工務店様間にとって必要不可欠な山岳ガイドでありたい。と考えています。

よし、ディーシーエスの来年の社員旅行は富士山登山に決定!
親睦委員長お願いします。

新築住宅のディスプレイと竣工写真撮影に行ってきました

2015年8月6日 日々のこと竣工写真撮影

小林 昇

先日、工務店様からの依頼で、新築住宅のディスプレイと竣工写真の撮影をさせていただきました。
株式会社ディーシーエス・フォトでは、生活を想像することが出来、魅力が伝わる竣工写真を撮影するために、昨年よりディスプレイサービスを行っています。
通常、竣工写真は完成した住宅をそのままに撮影しますが、このディスプレイサービスは、厳選した家具、雑貨、観葉植物、生花などを飾り付けし撮影を行います。
家具の搬入や保管場所など大変なことも多いサービスですが、やるのとやらないのとでは全く写真に違いが出てしまいます。
大切なことは、この写真一枚一枚が工務店様のイメージを決定し、お客様にインプットされていくことです。これは、一棟一棟コツコツ実績を蓄積していくしか方法はありません。
さらに、弊社では家具や雑貨の内覧会貸出サービスも同時に行っています。
スケジュールは、金曜日に家具の搬入と竣工写真撮影→土日に内覧会、月曜日撤収という流れです。
これによって、実際に内覧会に足を運んでいただけるお客様には、強力なインパクトを与えることが出来、更に、竣工写真が営業ツールになり、さらにHPなどで工務店様のイメージを作り上げていくことが出来るのです。
たかが写真、されど写真なのです。工務店様にとって最高の費用対効果があると確信しています。ぜひ一度ご利用ください。
EK8A1746

EK8A1781

EK8A5857

建築写真撮影 竣工写真撮影 株式会社ディーシーエス・フォト