十二単を着ました

2016年1月20日 

林奈央子

2016年になり、ディーシーエスにも普段の風景が戻ってきました。

今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、先日とある催し物で十二単の試着体験をしました。

もちろん着るのは初めてで、たぶんもう一生着られないと思うので、とても貴重な体験でした。

衣が十二枚あるのかと思っていましたが、実際はそれより少なかったです。

しかし、重さは全部で15kgあり、少しずっしりとしていました。

短時間なら動けても一日過ごすのは大変だと思います。

昔のお姫様は、ひ弱そうに見えて、ずいぶん体力があったんだなと思いました。

↓着てみたようすはこちらです。

1452944069965   1452944072377

↓これは歩いている途中ですが、後ろに石油ストーブが写っていて面白かったので載せてみました。

足を一歩前に出したら少し引くそうです。そうしないと着物が足に絡まって転んでしまいます。

(普通に歩こうとしても動けなくて、歩き方を聞きました)

 

1452944257165

 

それから、平安時代は、「時を読める人」がモテたそうです。

位の高い姫は人に顔を見せることがないため、御簾の下から見える着物の色で教養の高さを判断されていたとのこと。

例えば、春は桜色や山吹色を着ていると「素敵だな」と言われ、季節外れの梅の色を着ていると「見苦しい」と言われたそうです。

今なら性格が重視されるのに、昔は服装であれこれウワサされて大変だと思いました。

しかし、季節に合わせて着るものを考えられる人は今でも素敵だと思います。

そういう気持ちの余裕が大事だな、と思いました。

それから、この体験は試着のみで髪とメイクは無しだったので、そちらは近くの美容院さんにお願いしました。

急な依頼にも関わらず、似合いそうな髪型と飾りを考えて提案してくださり、とても助かりました。

着付け師の方々も、とても素早く、しっかりと着せていただき、着物についての知識も深そうに感じました。

普段は出会うことのない色々なプロの方と接し、仕事で輝いてる人は本当にすごいな、と思いました。

いろいろな発見があり、とても楽しい体験でした。

仕事納め

2015年12月30日 

林奈央子

2015年も、あと少しになりました。一年って、本当に早いですね。
さて、ディーシーエスは今日が仕事納めです。
原さんもブログに書かれていましたが、みんなで掃除をすると同時に部屋の模様替えをしました。
「The 事務所」という雰囲気から、「お客様をお迎えするための空間」に変えたかったためです。

きっかけは、いくつかの工務店様の事務所を訪問させていただいたことです。
どの方もあたたかく迎えてくださり、雰囲気良く打ち合わせさせていただくことができました。
机におしゃれな雑貨が置いてあったり、社員紹介のパネルが飾ってあったりして、
お部屋の入ったときの雰囲気がいいな~と思いました。

「ああ、自分はここの方々に迎えられているんだな。」と感じ、うれしくなりました。
きっとお家を建てるために訪れたお客様も、同じことを思われていると思います。

今までチラシを良くしようとか、ホームページを良くしようと思ったことはありますが、
自分の事務所を良くしようと思ったことがなかったので、やってみようと思いました。

机など大物は動かせたので、来年は飾り付けをしようと思います。
カウンターの上を飾る、明るい色の家具を置く、音楽をかける等、お客様が長居したくなるような
居心地の良い事務所作りをしていこうと思います。

最後になりましたが、今年もたくさんのお客様にご縁をいただき、本当にありがとうございました。
来年も、工務店様とそのお客様のために、より深く考えながら営業ツールを作っていきたいと思います。

それでは、良いお年をお迎えください!

20151230_154510

 

クリスマスですね

2015年12月24日 

林奈央子

今年の冬はあったかくて、本当に12月かな?という感じですね。

過ごしやすいけど、今一つ物足りない感じです。

クリスマスと言えば、我が家はいつも家族でシャンパンを飲みます。

私が小さい頃は、シャンパンもどき(炭酸が入ったぶどうジュース)でした。

食べ物は、個別のケーキかチキンです。(家族の人数が少ないので、ホールだと多すぎるので)

今はプレゼントはないですが、いつもよりちょっと豪華な食事を楽しむことで、満足しています。

あ…そういえば11月にユニバーサル・スタジオのクリスマスに行ったので、それがプレゼントでした。

そんなわけで、前倒しで徐々にクリスマスを楽しんでいた我が家ですが、皆さんのお家では、どんなことをされますか。

お父さんお母さんは、サンタさんがちゃんと来てくれるようにセッティングが大変そうですね。

今年もあと少しですが、どうぞお元気でお過ごしください。

クリスマス

 

岩村と書道

2015年12月14日 

林奈央子

この前、岩村にある書道家さんのギャラリーに行って来ました。

このギャラリーは、古い町並みの中にある民家にあり、レトロな雰囲気が素敵でした。

ミラノ万博に出品されたという作品を見たくて訪れたのですが、そのほかにもたくさんの作品を見ることができました。

優しそうで気さくな感じの方が迎えてくださり、風貌から何となくその方が書道家さんだとわかりました。

もっと年上だと思っていたのですが、お若かったのでびっくりしました。

 

作品は、お地蔵さんやだるまさんなど、和のキャラクターの横に、前向きになれる言葉が書き込まれており、

眺めていると穏やかな気持ちになれました。岩村の雰囲気とも合っていて、ゆったりとした時間を過ごせました。

その場で好きな言葉と絵を書いてくださるとのことで、私も一つお願いしてみました。

はがき

ギャラリーの中に、「ほっ」って書いてある作品があって可愛かったので、言葉はそれにしました。

お地蔵さんには虹を付けていただきました。

数分で仕上げてしまわれましたが、とても心が和む作品で、嬉しかったです。

家でフレームに入れて飾ろうと思います。

USJはすごかった

2015年12月2日 

林奈央子

この前、母とユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行きました。
目的は、二人とも大好きなハリー・ポッターのアトラクションでした。
出来た当初はすごい人気で遠慮していましたが、もうそろそろ良いよね…?と思い、行くことにしました。

しかし、いざ行ってみると大人気で、けっこうな人混みでした。
事前に旅行会社に頼んで、早朝からパークに入れるチケットと、ハリー・ポッターに絶対乗れる予約チケットをゲットしていたのでそんなに待つことは無かったですが、何もなしで来ていたらとんでもないことになっていたな、と思いました。

乗り物の予約は夕方だったので、まずは早朝にハリー・ポッターエリアに入っておみやげを見ました。マント・マフラー・魔法の杖などがあり、欲しくなりましたが(着れるのはパーク内だけよ!と思って)我慢しました。ちょっとしたお菓子など買って外に出たのですが、その時、通常時間から入って来られた大勢のお客さんとすれ違いました。
大人も子どもも、みんな目をキラキラさせて、小走りで入場門に向かっていました。

これほど人を惹きつけるものって、単純にすごいな、と思いました。
けっこうお金も掛かるのに、みんな我先にと走っていました。
やっぱり魅力的なものには人は殺到するんですね…勉強になります。
城、街並み、おみやげ、どれも精巧で、まさにハリー・ポッターの世界でした!

夕方、他のエリアを楽しんでからハリー・ポッターエリアに戻り、
お目当ての「フォービドゥン・ジャーニー」に乗りました。
「世界最高をお届けしたい」というUSJのフレーズらしく、最高のアトラクションでした!
動く椅子(コースター?)に載って3Dの映像を見るんですが、けっこう迫力がありました。
自分がハリーたちと冒険している気分になれます。

乗り物酔いしやすい方には不向きですが、そういうのが平気な方には、とてもオススメです!
とにかく色んなものが迫って来るんですが、映像なのに避けたくなるほどリアルです。
まさに「わお!」と言いたくなります。

 
また、どこのスタッフさんも対応が良く、助かりました。
クーポン券の使い方が分からずにたずねたら、他のエリアの方と無線で連絡して使い方を確認してくれたり、トイレの場所が分からずたすねたら笑顔で対応してくれました。
ゲームで当てた賞品を持って歩いていたら、まったく関係ないエリアで
「おっ、それゲームでゲットされたんですね。おめでとうございます!」と言ってもらえたことも嬉しかったです。

すごいアトラクションと親切なスタッフさんのおかげで思いっきり楽しめました!

20151122_07494120151121_202716

 

↑ハリー・ポッターの衣装           ↑クリスマスのプロジェクション・マッピング

 

 

ディーシーエス通信Vol.2・Vol.3

2015年11月20日 

林奈央子

弊社では、「ディーシーエス通信」という新聞をつくっています。

今月はVol.3が発行されました。

実は先月Vol.2も出ていたのですが、うっかりこちらに載せ忘れておりましたので、今回は二つ掲載します。

Vol.2では、ホームページを使った工務店様の営業の仕方についてお伝えします。

ホームページをつくる目的と役割を始め、どんな運営をしたら集客に繋がるのかなど、ディーシーエスが考える工務店様のホームページ運営の仕方をお伝えします。

Vol.3では、ディーシーエスのグループ会社「建築写真撮影専門 ディーシーエス・フォト」をご紹介しています。

家が完成したら竣工写真を撮影されると思いますが、ディーシーエス・フォトに撮影を依頼すると、

単なる記録としての写真ではなく、その後にパンフレットやホームページなどに載せられる見栄えの良い写真を撮影することができます。

その家の魅力を余すところなく伝える建築写真を営業ツールに使用することで、新たなお客様を獲得し、次の一軒へ繋げることができます。

また、ホームページとチラシが連動すると、どんな良い事があるのかについてもお伝えします。

「自社のホームページやチラシをもっと良くしたい!でも、やり方が分からないし時間もない!」という方は、これからの営業ツール作りの参考に、ぜひご覧ください。

ディーシーエス通信Vol.2

ディーシーエス通信Vol.3

創刊号はこちら→ ディーシーエス通信_創刊号

 

違う立場の人を理解すること

2015年11月10日 

林奈央子

うちは両親と私の3人暮らしですが、NHKが好きでよく見ています。

特に教育テレビは2000年以降くらいから急にデザインがオシャレになり、若者の私でもとっつきやすく、ためになる番組が増えたと思います。

それで、この前は録画していた「100分で名著」の小泉八雲編を見ました。

この人は元々ギリシャで生まれたのですが、自分の居場所を求めて世界中を飛び回った結果、日本を気に入って住むようになったそうです。

日本に来たのは1890年(明治23年)で、人々は着物を着ていて、これから西洋の文化を取り入れて近代化していくような時代です。

そこで感じた日本の良さを「知られざる日本の面影」という紀行文にして、アメリカをはじめ世界中に広めました。

「すべてのスケールが小さく、人々はみんなやさしい顔をしていて妖精の国のようだ」とか、「日本の桜は日本人に愛されているからあれほど美しい」とか、

とにかくベタ褒めなんですが、これは外国人ならではの視点かな、と思いました。

私たち日本人には何でもないことが、外国人の八雲には新鮮だったと思います。

その後、日本の人々に囲まれて生活する中で、八雲は日本人が嬉しい時も悲しい時も笑っていることに気付いたそうです。

自分の身内が死んだことを主人に伝える使用人が、笑いながら「身内に不幸がありまして…」と言っているのを見て、

なぜ悲しいのに笑っているのか理解できなかったそうです。

これは使用人が主人に心配を掛けないための配慮なのですが、特に笑いを意識しているのではなく、自然にやっていることです。

そういう日本人特有の気遣いの意味を理解できた八雲は、とても鋭い感性を持った人だと思いました。

その後は、昔話とか怪談に興味を持ち、「耳なし芳一」「雪女」「ろくろ首」など日本人から聞いた話を自分の言葉にして文学作品にしました。

目に見えない妖怪や幽霊のようすをそこにいるように描写し、日本人よりも日本人らしい表現ができるまでになった八雲は、心まで日本人になりきっていたと思います。

妖怪

そして、日本で暮らしながら、軍艦などを造って近代化していく日本を見ながら、

「この先日本が近代化しすれば今ある文化は失われ、そのあとになって大切なものが無くなっていることを日本人自身が嘆くだろう。」というようなことを言ったそうです。

 

長くなりましたが、この番組を見て私が思ったことは、ギリシャで生まれた人が日本の心を理解できたのだから、

広告会社が家を建てたい人や工務店様の心を理解することもできるだろうということです。

もちろん話し合いや取材を重ねて理解を深めていくことが必要ですが、決して出来ないことではないはずです。

自分で作ったものを客観的に見ることの難しさは日々の広告作りで感じていますが、もしそれがもっと深くできるようになれば、

もっと良い広告がつくれると思います。

小泉八雲とは全然立場の違う話ですが、通じるものがあるな~と思いました。

工務店様とそのお客様の橋渡し

2015年10月29日 

林奈央子

最近、工務店様専門の広告会社に求められていることは何だろう?というのが気になって、よく考えています。

きれいな今風の広告とかホームページはもちろんそうですが、やっぱり誰でも、

「やりたいけど忙しくて手がまわらないこと」をやって欲しいと思います。

工務店様で言うと、

・ホームページに何を書いたらいいのか?

・チラシのキャッチフレーズはどうしたらいいのか?

・パソコン操作がわずらわしいので、代わりに記事をアップしてもらえないのか?

・新しいパンフレットの案を出して欲しい

などかと思います。

こういった「代わりにやって欲しいこと」に、さらに一工夫した広告をご提案、ご提供するのが、自分たちの仕事だと思っています。

広告を外注で頼むと、それ相応の費用が掛かります。しかし、頼むだけの価値はあると思います。

なぜなら、私たちは工務店様の味方であると同時に、工務店様を外から客観的に見ながら、どういった広告の出し方が効果的かアドバイスし、それをデザインに仕上げることができるからです。

また、もし自分が新築住宅やリフォームを検討している立場なら?という視点で、エンドユーザー様に近い目線で工務店様を見ることができます。

工務店様にはお客様に伝えたいことが山ほどあると思いますが、それを目に留まるように、分かりやすくデザインするのが私たち工務店様専門の広告会社の役割です。

工務店様と、そのお客様の橋渡しをさせていただき、そのご縁が末永く続くようにするために、毎日広告を作っています。

運動で気分も良くなりました

2015年10月19日 

林奈央子

最近、近所のスポーツクラブに通い始めました。

きっかけは、家族で近くの観光地に遊びに行って写真を撮ったことです。

「私太ったな」と感じ、これはもう運動しないとだめだと思いました。

そこで、前から知っていた近所のスポーツクラブの会員になって、ジムとプールに行くことにしました。

小さいころから運動嫌いで、ジムはハードルが高いと思っていましたが、行ってみると意外と良かったです。

自分のペースでやれるし、疲れたら休めばいいので気楽でした。

ジムのランニングマシーンは、基本的に2キロくらい歩いていて、余裕があればもう1キロ走っています。

プールは、歩行レーンで行ったり来たりした後、水泳レーンでしんどくない程度に泳ぎます。

その後、プールサイドの温かいお湯につかって、水を飲んで出ます。

終わった後は身体が軽く、全身の血の巡りが良くなったような感じがします。

家に着くと少し眠くなったので、仮眠を取りました。

 

「運動はキツイ」と思っていましたが、それはキツイ運動を思い浮かべていたからで、

「じゃあ、キツくない運動をすればいいや」と思ったら気が楽になりました。

やる前より今の方が身体の調子が良いし、仕事から帰った後もぐったりしなくなりました。

このまましばらく続けてみようと思います。

1年後には理想の体型になって、軽やかに動けるようになりたいです。

運動

新聞を作って良かったこと

2015年10月7日 

林奈央子

先月から、自社新聞を作り始めました。

「建築会社の売り上げアップに貢献する ディーシーエス新聞」という名前です。

弊社のサービスや、どんなスタッフが働いているかを始め、おすすめの本の紹介などの息抜きコーナーもあります。

今、お世話になっているお客様と新規の建築会社様にお配りし、情報発信をするのが目的です。

新聞を作り始めて良かったことが、いくつかあります。

・会長や社長の考え方を目に見える形で理解でき、これからディーシーエスが進む方向が分かった

・自分の仕事(デザイナー)と違う仕事をしている方の考えを知ることができる

・見出しを考えるときに、読む側(建築会社様)の目を引くようにしなければならないので、「自社のサービスを売る」という視点ではなく、「建築会社様にとって利益になることは何か」という視点で記事を考えるようになった

まだ作り始めたばかりですが、1年経った時にもっと良いものになっているようにがんばっていきたいと思います。

新聞

◆創刊号はこちら◆

ディーシーエス通信_創刊号

 

カレンダー

2018年12月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新の記事