デザイナー勉強会

2015年11月19日 

岡山千絵

先日の土曜日、デザイナー勉強会を開催しました。

私のイラレでのPC操作を見てもらって、
紙面のアキの作り方、作成物によってはガイドは絶対じゃないことを
勉強しました。

他のデザイナーのPC操作を見ることは、いろいろな発見につながります。

ゴールは一緒でも、そこに行きつく工程には、様々なやり方があります。

鈴木さんの場合、バウンディングボックスを表示しています。
私が、拡大縮小ツールに切り替えた時に、その必要性に疑問を持ち、
質問されました。

私は、バウンディングボックスを非常時にしているので、
選択ツールを選択後にバウンディングボックスは表示されません。
ですので、オブジェクトの大きさを変更したい時は、
拡大縮小ツールに切り替えて、作業をする必要があるのです。

林さんは、制作物によって切り替えているとのことでした。

デザイナー3名中、やり方が3通りありました。

バウンディングボックス表示・非表示 どちらで作業するかは
やりやすい方法をデザイナーが選べます。

デザイナーによって、作業環境が違うので、
PCが変わると作業スピードは落ちます。
キーボードが変わると、キーの配置の感覚が違うため、こちらも慣れるまでは
一苦労します。
パレットの配置ひとつとっても、デザイナー同士で同じ配置はないでしょう。

他デザイナーさんの作業の仕方やPC操作を見て、
学ぶことはたくさんあります。

知った上で、どんな方法が自分にとって効率が上がるのかを考えることができるので、
今回の勉強会もそれぞれに、収穫があったのではないかと思います。


他に、スレットテキストオプションについても勉強しました。
カレンダー作成時に使用することが多いです。
スレットテキストオプションは、以前弊社が開校していたイラストレータースクールの授業でもカレンダー作成の課題があり、
この時間に勉強することができました。
カレンダー以外に用途を知りませんが、この方法を知っているというとは
応用することができるので、知っていて損をすることはありません。

勉強会の後は、一緒にお昼を食べながら
ここがよいと思った印刷物を持ち寄ってのディスカッションです。

年齢や経験が違うスタッフが集まっての勉強会、
こういった機会を増やしていければ いいなと思います。
とても有意義な時間となりました。

スニッピングツールで、ひと工程を短縮

2015年11月9日 

岡山千絵

ディレクターさんや他デザイナーさんとのやり取りの中で、
Snipping Tool(スニッピング ツール)を頻繁に使用しています。

Snipping Toolは、指定した画面上の部分的な範囲のスクリーンショットを切り取るツールで、切り取った画像に色ペンで落書きもできます。

このツールを使用していて、最近気づいたことがあります。

それは、スクリーンショット化した画像を保存しなくても、
ワードやイラレへ、コピペできるということです。

コピペの作業のみで、「画像を保存→配置」 この作業が短縮できることに気づいた瞬間は
何とも言えない得をした気分になりました。
(みなさんは、すでにご存じのことと思いまが。。)

今までは、画像を保存して、その画像を各アプリケーションに配置をしていました。
この作業を省くことができる!時短につながりました!

使いながら、発見して、覚えていく。
イラレにしても、フォトショップにしても、仕事の中で、ソフトの操作を覚えてきました。
この発見の瞬間が、嬉しく、
そして、その積み重ねが財産になるのですね。

ひと工程を短縮できた!ただそれだけのことですが、
この発見は、私の中では大きいものなんです!

良く笑い、前向きに、ポジティブに、いいかげんに

2015年10月28日 

岡山千絵

先日 鳥越俊太郎「ガンと向き合い、ポジティブに生きる」の講演会へ足を運びました。定員800名のところ、満員御礼のようにうかがえました。

鳥越さんは、2005年にステージ4の大腸がんが発覚し、肺や肝臓への転移を経て4度の手術を行ったそうです。
最後の肝臓の手術から5年が経過。再発が認められないことから、完治という診断をいただき、現在は、今回のような講演活動や、メディアでの活動、ホノルルマラロン完走など健康的な毎日を送っているそうです。

講演会のお話の中で、
自分の性格は以下のようだと分析していました。

○努力はしない、努力が嫌い
○いいかげんに生きる
○なんとかなるだろう

これだけを聞くと、とんでもない人物のように思われてしまいますが、
○努力はしないけど、好奇心がある
○いいかげんだけど、ここぞという時の集中力はある(いい湯かげん という言葉があるように、ちょうどよいと言う意味合いでおっしゃってました)
○なんとかなるだろう、と前向きに精神的にラクに生きられる

そして、ガンが発覚した時も「なんとかなるだろうの精神で」ストレスもまったくなく、落ち込みもしなかったそうです。

努力はしないけど、好奇心だけは人一倍持ち合わせていたたいめに
知りたい、見たい、聞きたいという衝動が原動力となり物事に前向きに、そしてポジティブな発想で
人生の難関を乗り切ってこれたとおっしゃってました。
「前向きで、ポジティブ」
それは、免疫力向上につながります。
病気に打ち勝つためには、免疫力が必要になります。
免疫力を高めるには、良く笑うことも良いとされています。

好きなことには好奇心をもってチャレンジすることが大切と笑いを交えながらの1時間30分の講演会でした。
最後に、ガンは自覚症状がないので、ある程度の年齢がきたら年に1度、がん検診のドアをたたくことが大切とおっしゃっていました。

今回、高い免疫力があれば、自分の力で病気を治せることを学びました。

それには、

良く笑い、前向きに、ポジティブに、時には肩の力をぬいて いいかげんに生きる!ということです!



フォトショップの画像サイズ変更方法

2015年10月16日 

岡山千絵

フォトショップの画像サイズを変更するための、
方法は私が知る限り3つあります。(画像を始めて開いた状態時)

1.イメージ → 画像解像度
2.イメージ → カンバスサイズ
3.切り抜きツール

この3つの方法で
「カンバスサイズ」を使用しての画像サイズ変更方法で新しい発見がありました。
img01

それは、レイヤーが背景になっている状態で、カンバスサイズの画像を現状サイズより

小さくすると、画像が切り抜きツールを使ったと場合と同じ状態になるということです。
(選択外の写真が切り落とされる)

これを回避するには、カギマークをクリックして、背景レイヤーでなくすることです。

img02
そうすれば、現状サイズより画像サイズを小さくした場合でも、サイズ設定外の写真部分は
イキています。
選択ツールで画像を動かせば、その違いが分かります。

フォトショッパーであれば、誰でも知っていることだとは思いますが、
こういった小さな発見を積み重ねて、財産にしていきたいと思います。

忙しい時ほど、体調の変化に目を向ける

2015年10月6日 

岡山千絵

先月は、お客様からたくさんのお仕事のご依頼があり、
忙しい毎日を過ごしていました。

ホームページのご依頼から、チラシやカタログのご依頼と
多種多様な媒体の完成へ向けてスタッフ一眼となって、取組み
カタチにして納品することができました。

第6期 スタートの月は、これまでにないくらいの
仕事量に恵まれて、よい出発をきることができました。

ディーシーエスへ発注してくださった、お客様、ありがとうございます。
そのような状況の中、9月中旬ころから私の体に異変が見られるようになりました。
それは、就寝中に腕を上げて寝ているということです(枕に両腕を載せている状況)
私自身は、気づいていませんでした。
調べてみると、疲れてからきている姿勢ということが分かりました。
両腕を上げて寝ると、肩が冷えて血行が悪くなり、疲れという状況は悪化するそうです。
先月のたくさんのお仕事のご依頼の話と、
自身の体の不調のお話を一緒に書かせていただきましたが、
忙しい時だからこそ、体調は絶対に崩せなません。

寝ている時に腕を上げるポーズ。
ささいなコトですが、いつもと違う状態が起こっていれば
小さなことでも、原因があるはずです。
原因を知れば、そこからの脱却は可能です。
疲れたら、寝れば治るという年齢を超えてしまった私にとって、
いかに疲れをためないか、どうやって疲れをとるか、どうやってリラックスした状態を保つか、
そんなことが、仕事をする上で大切な課題にもなっています。

木の特徴

2015年9月24日 

岡山千絵

家を建てる時には、様々な木材が用いられます。
木材ごとの特徴や使い心地を知り、自分にあった物を選ぶ必要があります。
例えば、メープル材。
こちらは、色が薄めで上品。足ざわりが良く固いのが特徴です。リビングの床材に向いています。

パイン材。
無垢の中で一番人気があります。
柔らかいのが特徴です。寝室や子供部屋に向いています。

このように、木材には硬い・柔らかいといった特徴があります。

先日、奈良井宿の近くの道の駅で「お六櫛」を購入しました。
こちらも櫛という用途に合わせて、材料となる木の特徴は「硬い」ものになります。

ミネバリという木が材料となっているそうです。
実はこのミネバリという名前は通称で、別名はオノガオレカンバといいます。
斧が折れるほど硬いといったところから付いた名前だそうです。

木には特徴があり、用途によって使い分けされていることをじかに感じることできました。
20150924_okayama

デザイナーの勉強会

2015年9月14日 

岡山千絵

先週の土曜日にデザイナーで集まり勉強会を行いました。

まずは、リキッドデザインのデザイナー間でのルールの統一についての話合いです。
リキッドデザインの導入でホームページの組み立て(コーディング)が
以前に比べて複雑になり、コーディングに当てる時間が必然的に増えました。

コーダーの負担を減らすべく、デザイナーに求められるのは、コーディングしやすいデータ作りに努めることです。それには、デザイナー間で作成ルールを統一する必要があります。


リキッドデザインを取り扱っているWEB会社はまだ少ないようです。
「リキッドデザインの作り方」とキーワードを入力して検索にかけても
ヒットするのは、デザイナーサイドが求めている情報ではなく、
異なる幅に対応するためのソースなど、コーダーサイドの情報ばかりです。
そのような状況の中、コーダーさんを中心に自分たちで試行錯誤してルールを作ってきました。
デザイナー&コーダー双方にとって効率を上げることができるデータ作りをめざしていかなくてはなりません。
今回の勉強会の大半の時間を、デザイナー間のリキッドルール統一に費やしました。
表現したいことが異なれば、作成までのプロセスは人それぞれですが、
最低限のルールを統一した上でのパーツ作りを心がけ、誰が見ても分かるコーディングしやすいデータを作れるようにしていきます。
ルールは、よりよいものへどんどん改変していくつもりです。



今回の勉強会のもう一つお題。

各自、いいデザインだなと感じた印刷物を持ちより
どういう点が良いか、今後の各々のデザインに取り入れたい見せ方はどういうものか?
また、どういう点がバランスを崩してしてしまうデザイン等のディスカッションを実施。
どうしたら、デザインとして成立するのか。
空間の使い方、フォントの選び方。写真の選定。
ターゲットにあった色使い。 ジャンルが違う様々な印刷物を持ち寄ってデザイナーでディスカッションするのは、初めてです。
後輩デザイナーのデザインを見る目を知ることができたので、
私もとても、勉強になりました。

よいデザインだと感じさせてくれるものには、理由があります。
その理由を追及し、自分のデザインに取り入れ、実際に表現してみる。
今回のディスカッションで吸収できたコト1つでも、紙面に表現できるとよいです!!

やりたいコトは、今すぐやろう!

2015年9月2日 

岡山千絵

最近読んだ本のご紹介です

「やりたいことは、今すぐやれ!」
著 有川真由美
作成協力 PHPエディターズ・グループ

20150902_okayama

まえがき—-
やりたいことがあるなら、今すぐやったほうがいい。
「いつか」「そのうち」「時間ができたら」と先延ばしにしていると
どんどん腰は重くなり
どんどん やりたいことの実現は遠のいていくのです。

こんな一文から始まります。

この本の購入を決めた理由は、「今の自分を変えたいから」でした。

日常生活をもっと有意義なものにしたい、
時間を上手に使いたい、行動力に欠けている自分から脱却したい、
などなど、最近 自分を変えたい衝動にかられていたところで、この本と出会いました。

そして、この1冊から「自分を変えるための」ヒントを、たくさん吸収することができました。

内容を簡単に紹介します。
書籍タイトルの「やいりたいことは、今すぐやれ」にもあるように、
やりたいことにすぐ取り掛る習慣を身に着けることで、「あれをやっとけばよかった」と後悔する人生ではなく
次に向かうための「自信」と「勇気」にあふれる人生を送ることできます。
まずは、言葉と行動がから。気分や能力は後からついてくる。

といものでした。

本書を読み始めてると同時に、日常生活の細かなコトでも「すぐやる」を実行することにしました。
例えば、乾燥機を使用した後のフィルターの掃除は、洗濯が終わったらすぐやる。
食事後の食器は、洗って食器棚へすぐ片づける。
玄関に靴を何足だしておかない。すぐ片づける。

すぐやるを実行すると
身辺整理ができ、心が軽くなります。まるで断捨離をした後のような感覚がずっと続くのです。
いろんなことが、少しずつ片付いていき、「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」が減っていきます。
この「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」が、たまってくると、「来週の休みにやればいいや」になります。
休みにやろうとすると、他の用事ができて、どんどん優先順位が低くなっていき、
「やらなきゃ」が「やらなくてもいいか」しまいには、「忘れてしまう」に至ります。

すぐやるクセを付けて、やらないでおざなりにしておく事は
不自然だと思えるように自己改善していこうと思います。

人生は大切にしたものから、手に入る仕組みになっているらしく
その事について考え、行動をとり 何よりも優先させてきたものが「大切なもの」です。
そのために必要なことは、何か?を考えると
まずは「行動」にうつすことなのですね。

芸術鑑賞と体力測定

2015年8月21日 

岡山千絵

先日 長野県伊那市にある「かんてんぱぱ ガーデン」の
「青野恭典(きょうすけ)フォトアートギャラりー展」へ行ってきました。
伊那谷の風景を中心とした写真は、その撮影場所へ足を運んでみたい、
この風景を実際に感じてみたいと心を動かしてくれる、そんな作品ばかりでした。
私もカメラを持って出かけてたい!そんな気持ちに掻き立てられました。

別のホールでは、宮下済雄写真展『竜東の四季・点描』が開催されていたので、
こちらにもおじゃましました。
ちょうど 宮下さんがおられたので
「撮影ポイントは、どうやって見つけているのでしょうか?」と伺ってみました。
すると宮下さんは、このように答えてくれました。
「それは、撮影ポイントを見つけるアンテナを常に張っています。いいポイントを発見することができたら、何回かその場所へ足を運び偵察。1年を通じてこの場所が最もイキる季節に写真を撮るんです。
まだ他の写真家さんたちに知られてない場所を発掘して、写真に収めることが楽しい。
みんなが撮影している有名な場所を写真にとっても、おもしろくないんだよね」

このお話を伺って、私にもどうしても写真に収めておきたい風景があることを思い出しました。
今年、柿がなる頃にその場所へ足を運ぼうと思います。

かんてんぱぱには、ギャラリー展以外にも健康パビリオンという施設がありまして
こちらでは、簡単な体力測定ができます。
私は10年以上という長い期間デスクワークを仕事としていて、現在は在宅なので
体を動かすことがとても少ない生活を送っています。
30歳を過ぎてから、体力には自信がなくなっていましたが
体力測定にチャレンジした結果、
握力だけが、平均以下、その他は平均値内という結果でした。

S__39944196 写真 反復横跳び

他に有料ではありますが、血管年齢測定を受けてきました。
血管はやわらかく、動脈硬化の心配は今のところなし
と結果がでました。

健康があってこそ、良い仕事ができます。
年齢を重ねるごとに、健康への関心が高まってきていますが、
長く、よい仕事ができるように健康管理はしっかりしておきたいです。

芸術鑑賞に体力測定と充実した一日になりました。

年間スケジュールが分かる手帳

2015年8月11日 

岡山千絵

ディーシーエスでは、経営方針や年間活動計画、
委員会活動などの内容を載せた手帳を作成しています。
先ほど、校了になり印刷会社さんへ無事入稿できました。

手帳制作にあたり当初は、70ページくらいのページ数で中綴じを想定していましたが、
終わってみれば、130ページを超える手帳となっていました。
就業規則の抜粋も記載したかったのですが、今回は断念しました。
上質紙90kgでこのページ数の中綴じ加工は無理があるとのことで、
急遽、無線閉じへと変更になりました。
4の倍数の制限がとれたので、メモページを増やしての校了です。

この手帳で、社員全員が情報を共有でき、
年間スケジュールを見ることで、会議や行事に該当するスタッフが
自主的に準備を行え、共通の理解をもって行動できることを目的としています。

この1冊が、スタッフみんなの効率を上げてくれることは、間違いありません。

原稿を作成してくれた会長、社長、委員長さん、
忙しい中、内校確認をしてくれた皆さん、ありがとうございました。

手元にくる日を楽しみにしています。
———————
明日からはお盆休みです。
みなさんよい、休日をお過ごしください。