ラインの成りすましにご注意を!

2015年7月30日 

岡山千絵

2週間くらい前の出来事です。
突然、LINEのアカウントが何者かに奪われてしまいました。

その経緯は、
1.友達から:LINEに「電話番号教えて」とメッセージ入る。
2.私:友人のLINEに電話番号を返信。
3.友達から:携帯のショートメールに数字4ケタが届く。
4.友達から:LINEに「携帯に送った4ケタの数字をLINEで送り返してほしい」とメッセージが入る。
5.私:友人のLINEに4ケタの数字を返信。

お昼休みが終わり、PCの電源を入れるとLINEにログインできなくなっていました。

LINEでつながっている、友達の1人がアカウントを奪われ、その友達が「成りすまし犯」となり「友達のふり」をして、私のアカウントを奪っていきました。
何人かの友達から、「LINEが乗っ取られたので、変なメッセージが来ても返信しないように」という内容のメールが届きましたが、時すでに遅し!


LINEの運営会社は、アカウントが奪われたことを確認次第、強制的に退会させるようです。

新しいアカウントをとり直し夕方にはLINEにログインできました。
復旧までに、遅い人で2日もかかるようです。

私発信の2次被害の報告はありませんが、
新しいアカウントを作成するときに、電話帳から知り合いを検索に
チェックを入れていないので、友達リストが随分シンプルに!
集めたスタンプも、白紙に。



「便利」を追及するあまり、そこに潜むリスクに目をむけることを忘れていました。

今回、「乗っ取り」について、いろいろ調べている中で、
「成りすま犯」の詐欺事件が多発していることを知りました。
日に日に、乗っ取りの手口は巧妙になっているようです。


細田守監督の「サマーウォーズ」的な出来事が自分の身に降りかかってはじめて、
個人情報のやりとりを安易に考えていたことに気づかされました。


電話番号を教えてほしい とか、
電子マネーの購入やアプリのインストールを持ちかけてくる
友達は、不正ログインされているかも!
疑うというのも、自分のアカウントを守る手段のひとつです。

そして、乗っ取りを未然に防ぐ方法として、
パスワードとPINコードを見直すことが大事です!









断捨離

2015年7月20日 

岡山千絵

ちょうど今から1年前に名古屋から飯田への引っ越しが決まり、
よい機会だったので、徹底的な「断捨離」を決行しましたが、
最近、また物が増え始め、生活が窮屈に思えるようになりました。

そんな時に、
先月の東京出張時の車内で、会長から「断捨離」を行ったお話を伺いました。
以前、早川部長のブログの「断捨離」の記事を見てから、ずっとやりたかった「断捨離」やっと実行に移せたとおしゃっていまいした。
高値で購入した服や、お子さんの制作物など、徹底的に「断捨離」を行ったみたいです。



私も、そのお話を伺った週末の夜に、「断捨離」を決行しました。
「いる」or「いらない」ではなく、「使うか」or「使わないか」を基準に選別していきました。
キッチンからは、賞味期限の切れた乾物類が出てきました。もったいないコトをしました。
クローゼットからは、IKEAの袋 山盛分の依頼。
本棚からは、30冊の本。
埋め立てごみ1袋。可燃ごみ1袋の「断捨離」となりました。

衣類と書籍は、リユースし、私のお小遣いになりました。

断捨離後は、部屋もデスク周りもスッキリし、
「物を探す時間」がなくなりました。
環境が良くなると、ものの考え方が整理されて
よい考え方やアイディアが浮かぶようになります。
気持ちの面で、とてもプラス方向に物事が進んでいくようにさえ思えてきます。

最近、物を探す時間が増えているなぁと感じる方、
集中力に欠けているなと感じている方、
身辺を整理することが、それらを払拭するキッカケになること、間違いなしです。

小さなDMのデザイン

2015年7月7日 

岡山千絵

先月末 東京出張の宿泊先
「東京ベイ有明ワシントンホテル」のロビーに置いてあったDMを頂戴してきました。

A6サイズの2つ折り。(105×148mm)
2つ折りなので、手に取るサイズはA7(105mm×74mm)になります。 小さなDMです。
201507_okayama01
中面はこのようなカンジです。

201507_okayama03
投稿フロー箇所のデザインが面白かったので、
参考資料として持ち帰ってきました。

この部分ですね。

201507_okayama02
ピクトグラムを使って斜めに誘導する。
とても斬新に思えました。

一見みれば、このデザインは誰にだってできるよ! 簡単だよ!と思うかもしれません。
見たものをそのまま作ることは、イラストレーターを使える人なら
誰にだってできます。簡単です。
でも、重要なのは、
この紙面のこの場面で、この構図以外考えられないという、デザインができるかどうかです!

「斜め」にする。そうするための、デザインの布石は表紙から始まっています。

中面の他の個所も見てみますと「読ませたい文字」「感じてもらいた文字」の扱いがとても勉強になります。

規則性がある中にメリハリがあるので、小さな限られたスペースに、必要事項がぎっしり納まっていても窮屈感が全くありません。
名刺もそうですが、小さなサイズのデザインほど、ひと文字ひと文字を大切にしないといけないので、意外に難しいものなのです。

参考資料ひとつからも、たくさん学ぶ事ができました。

町を歩いているとき、新しいお店に入った時、
ちょっと遠くに旅行へ行った時、
デザイン力を上げるチャンスは、どこにでもあります。

参考資料を探す!という目的で、出かけるのもよいと思います。

参考資料は集めただけで、満足しないよう。
ひとつひとつと向き合って、自分のデザインに足りない部分を見つけ出し、
まずは、「真似る」。そして、自分オリジナルのものにしていく。
そうやって、自分の引出を増やしていけるようにしたいです。

リフォーム産業フェアで貴重な経験をさせていただきました

2015年6月25日 

岡山千絵

6月23日24日は、東京ビッグサイトでのリフォーム産業フェア2015のお手伝いに行ってきました。
ブースのデザインをさせていただいたお客様のお手伝いです。

Kanekuコーポレーション様では、
カタログ、チラシ、パネルなどのデザインを担当させていただきました。
当日は、サポートメンバーとして、作成したチラシやカタログを手に
建設と介護の複業化ビジネスの案内をさせていただきました。

24日の阿部社長のセミナーは満員御礼。立ち見の方までいらっしゃいました。
20150623_132743

 

中津鋼材様では、なまこ壁の施工例のパネルデザインを担当させていただいたので
パネルが製品になってブースに設置されているのを見ると、感慨深いものがあります。
PCのモニターやプリントアウト後の紙ベースの状態のものとは、また違う感覚にもなり、
展示場という大きな空間、ブースという白い壁に囲まれた空間の中で、離れて見るということを念頭においてのデザインを
心がける必要があります。
施工実績パネルのタイトルの文字は、明朝ではなく、ゴシックの方が読みやすかったかもしれません。
次回に活かせるようにしたいです。

20150623_145321

 

あっという間の2日間でした。
貴重な体験をさせていただいたことに感謝です。
ありがとうございました。

来年は、ディーシーエスで出展できるといいです。

20150624_174702

社長、早川部長 事前の準備や運転ありがとうございました。