ディーシーエス通信 配布中です!

2015年10月25日 日々のこと

ディーシーエス

9月に創刊された、「ディーシーエス通信」。
今月も、vol.2 が発行されました。
 
このディーシーエス通信は、建築会社専門の制作会社である株式会社ディーシーエスが
建築会社や工務店のお客様を対象に、
受注を増やし売上UPのために役立つ情報やサービスをご紹介しています。

具体的な内容としては、
・ホームページで集客するにはどのように運営・管理していけば良いか
・効果的なホームページやチラシ、販促ツールのご紹介
・竣工写真の撮影方法
など、建築会社様や工務店様が読んでためになる情報が掲載されています。

また、ディーシーエスのスタッフが紹介するおすすめの本のコーナーや
季節の情報など、ちょっと息抜きできる読み物のコーナーも。

編集長 林が毎月、建築会社の皆様に楽しんで読んでいただけるよう
企画、編集しています。
ディーシーエス通信と林さん

ディーシーエス通信編集長_林さん

お客様のもとを訪問した際に、読んでいただいた感想をいただくことも。
どうもありがとうございます。
今月のディーシーエス通信Vol.2もぜひ、ご覧ください。

この記事が面白かった、こんな記事が読みたいなど
お知らせいただけると、私たちも励みになります。
今後も毎月発行していきますので、どうぞお楽しみに!

バックナンバー 創刊号の在庫も若干ございますので
ご希望の方はお気軽にお知らせください。

内覧会シーズン到来 ディスプレイサービスの依頼をたくさん頂いています

2015年10月24日 日々のこと竣工写真撮影

小林 昇

もうすぐ11月。
ディーシーエス、そしてディーシーエス・フォトでは内覧会シーズンを迎え慌ただしく過ごしています。
ディーシーエス・フォトでは昨年より始めたディスプレイサービスがようやく認知されはじめ、依頼も多く頂けるようになってきました。
地元の工務店様はもちろん、片道3時間もかかる遠方の工務店様までこのサービスを利用して頂けるのは本当にうれしく感じています。
ディスプレイサービスをすることにより、何もない住宅に比べ生活感があふれ、お客様に生活をイメージしていただける内覧会や竣工写真。
弊社ではこのサービスの実現のために試行錯誤を繰り返してきました。

すべての部屋をディスプレイするにあたり、
1、家具
2、雑貨
3、観葉植物
4、生花(いけばな)
など、特に家具と雑貨は膨大な量になり、保管の問題、運搬の問題、厳選された雑貨の仕入れ購入、家具や雑貨などの定期的な入れ替え、内覧会が重なった時のセット数など一番のネックは費用対効果です。
見学会へ来られた方に、この家に住みたい!そう思っていただけるようなディスプレイを安価に提供するのが使命でした。
中途半端なディスプレイでは工務店様や見学に見える方へ何も伝わらず、その家や工務店の印象をも悪くしてしまう危険もあります。
費用を抑え、なおかつ工務店様に満足していただき、更に次の内覧会にもこのサービスを利用して頂く。ここを目指し様々な工夫をしてきました。

今後もディスプレイサービスに一層の力を注いでいく方針です。
工務店様とお客様をあっと驚かせるディスプレイを目指し進化していきますので、ご期待ください。

EK8A6446

EK8A6447













WEB事業部が必要な理由 SEO対策って重要なの?

 WEB事業部

ディーシーエス

15年ほど前のインターネットの世界では、
ホームページの名前で検索すればすぐに上位に表示され、
そのページにたどり着くことも容易でした。

ホームページの名前を少し長くすれば検索順位1位も簡単に取れていましたし、
掲示板やブログなどをはじめれば、そちらに書いてあるキーワードでも
すぐに検索ページに載ることができました。

しかし、今のインターネットの世界は
その頃とは比べ物にならないくらいの情報量、サイト量、ページ量となり、
1つのホームページがその中で「上位表示」されるために必要な情報量も日々増えています。

例えば、1つのページに対する文字数も、
10年前は255文字以上あれば検索ページにインデックスされる、と言われていました。
しかし現在は1000~3000文字。
いやそれ以上に必要で、さらに多ければ多いほど良いと言われています。

ホームページを作るだけで「上位表示」されるかというと、まったくそうではないのです。

会社名での上位表示でも、同じ名前の会社がいくつかあった場合、
そのうちの1位になるためには、他のホームページより情報量が多くないと1位になれません。

インターネットは、どんどんページが増えて行く世界です。
情報は増えることがあっても減ることはなく、
その中で、常に「上位に表示されるコンテンツ」であるための
必要な情報量というのも増えて行く一方で減ることはないのです。

SEO対策といっても他にも様々なやり方はあります。
しかし、どの方法を使ったとしても、まずは基礎となる「情報量」は欠かせません。

商圏が中津川市、恵那市などある程度決まっている地域の場合は
「過剰」なSEO対策は必要がないのかもしれませんが、
「全く」必要なわけではもちろんありません。

ホームページを5年前にはじめて、コツコツと毎日ブログを書き続けていた人と、
今からホームページをはじめる人とでは、すでにスタートラインも違っています。

そこで、現在のインターネットの世界においても
上位表示されるようにホームページを運営するお手伝いをさせていただくのが
ディーシーエスのWEB事業部です。

ページの追加、情報量の追加、ブログの追加、そしてコンテンツの内容、
ホームページの運営の方向など様々な視点から一緒に考え、
提案をし、ホームページを運営していきます。

WEB事業部は月額54,000円(税込)です。
是非この機会にWEB事業部をご検討ください。

こちらのページでもWEB事業部を紹介しています。

中津川ふるさとじまん祭 開催中です!

2015年10月23日 日々のこと

ディーシーエス

今日から日曜(10/25)までの3日間、
中津川市の東美濃ふれあいセンターにて、「ふるさとじまん祭」が開催されます。
 
初日の今日は、朝10時のオープンから沢山の方で賑わいました。
アリーナで行われている菓子まつりでは、オープン前から行列が。
 
今日の10:30からは、中津川市産直住宅振興会のブース前にて
応急仮設住宅の建前実演が行われました。
 
建前実演2

この応急仮設住宅は、震災などの大規模な災害時に供給される、木造の仮設住宅です。
東濃ひのきや長良杉といった地元産の木材を使用し、
在来工法で建てられます。
 
今日は付知の大工さんたちが建前を行い
多くの来場者の方がご覧になりました。
 
建前実演

この応急仮設住宅は、土日も展示しております。
どんな構造になっているか、近くで見ることができますので
ふるさとじまん祭にお越しの際はぜひご覧ください。
 
木造応急仮設住宅

また、毎年多くの方にお楽しみいただいている餅投げは
10/24(土)10/25(日)14:00~開催予定。
こちらもぜひ、お楽しみに。

産直住宅のブースでは、ひのきボールすくいやマイ箸作りなど
お子様も楽しめるコーナーも。
ひのきボールすくい

マイ箸作り
 
アリーナ内も、平日にもかかわらず沢山の方が
中津川銘菓 栗きんとんなどの和菓子を目当てに来場されました。
 
菓子まつり2015

外の屋台のコーナーには、中津川名産の五平餅のお店や
からあげ、焼きそば、焼き鳥など美味しい食べ物も沢山!
この週末に、ぜひお出かけください。

ふるさとじまん祭2015

カーテンボックスの良し悪し

2015年10月22日 

原咲江

先日お天気がよかったのでカーテンを洗濯しました。
そんなに汚れていないように見えても、洗濯すると水が真っ黒になるので、こまめに洗いたいところですが、はずしたり付けたりするのが、高いところの作業なのでちょっと大変です。

うちはカーテンレールが天井より高いところについている、天井に埋め込みタイプのカーテンボックスになっています。
IMG_0028
カーテンレールが出っ張っていないので埃がたまるところがなくスッキリしています。
調べると『遮光性が高まり、冷暖房効率が上がる』と良い事が書かれていますが、
うちでは横側や下は普通に隙間があるので、それほど良いという実感はありません。

確かに見た目はスッキリとして高級感がある感じはしますが、家事をする者としては、それよりもお手入れ時の不便さを感じます。

カーテンフックの掛っているところは、踏み台ひとつでは手が届かないほど高い場所で、ボックスの中なのでフックを傾けるスペースが少なく、特に端っこは大変取り外しにくいです。掛ける時も同じです。
また、カーテンを替えようと思った時、丈の長いものになるので安くありません。
カーテンボックスのために天井のかたちも凹んでいるので、その分工賃も高かったんだろうなと思うと、普通のカーテンレールでも良かったなとも思います。

家を建てる時に、特にそうしてほしいと希望は出していないので、勧められるがままにそうしたんだと思いすが、家造りを考えている時にそこまで考えが及ばないので、そういうことをわかっていて教えてくれる人がいると、助かるだろうなと思います。

カーテンなどは建ててから最後に考えがちですが、出来あがってからでは変えられない事もありますので、設計の段階から部屋の雰囲気、使い勝手も考えて、メリット・デメリットを踏まえたうえで決めると良いと思いました。

栗きんとんの季節、いよいよ明日はふるさとじまん祭!

 日々のこと

ディーシーエス

10月も終わりに近づき、ここ、岐阜県中津川市ももうすぐ紅葉が始まります。
 
この時期、中津川市は全国から多くの方が訪れます。
そのお目当ては、銘菓「栗きんとん」。
秋_栗きんとん

栗きんとんというと、おせち料理に入っているサツマイモの餡と栗のものを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。
中津川市の栗きんとんは、栗と砂糖だけを使い、茶巾で栗の形に絞ったもの。
恵那栗と呼ばれる良質な栗の産地である中津川市で古くから作られてきた
中津川を代表するお菓子です。

市内には多くの和菓子屋があり、この時期はどこのお店もにぎわっています。
平日でも駐車場には、県外ナンバーの車が沢山停まっています。

お店によって製法が違い、それぞれのお店のこだわりがあったりと、
味も微妙に違いますので、食べ比べてみるのも良いですね。

さて、この栗きんとんですが、中津川市のにぎわい広場にて
市内の和菓子屋さんのものが揃っています。
にぎわい広場は中津川駅前にあり、なまこ壁の外観が目印です。
にぎわい広場

にぎわい広場の看板

そして、明日(10/23)からは「ふるさとじまん祭」が東美濃ふれあいセンターにて開催されます。
ここで開催される「菓子まつり」でも、栗きんとんをお値打ち価格で購入できると
毎年、多くの方が来場されます。
ふるさとじまん祭_菓子まつり

ふるさとじまん祭は10/23(金)~10/25(日)までの3日間開催。
この機会にぜひおでかけください。

中津川の自慢は、栗きんとんだけではありません。
裏木曽の森で育った、全国的に有名な「東濃ひのき」を使った産直住宅も。
10/23(金)には、応急仮設住宅の建前実演を開催予定。
ぜひご覧ください。
応急仮設住宅の建前実演

ラブレターのような企画

2015年10月21日 工務店専門 チラシ制作

河合亜沙美

こんにちは、河合です。
チラシなどの企画をつくっていて、
よく「ターゲット」は誰?
という話をします。

でもこの「ターゲット」なんていう横文字風カタカナが、
すぐにわかることを
わかりにくくしているのかもしれないなぁと思うのです。

私も多くの情報の中で、わからなくなります。
そんな時は、ちょっと違う仕事をしながら、その企画から離れてみたりします。
そうすることで、うんうん、やっぱりこうだよな、というものが見えてきます。
中に入りすぎているな、と思った時に外側から見てみるのです。

例えるならチラシはラブレターです。
その人のことを考えて、その人が何を言われると響いて、
何を伝えるとわかってもらえて、反応が貰えるのか。
それを考えながら誠実な気持ちを伝えようとがんばって書きます。

最近ではLINEでしょうか。
好きな人には簡単に言葉を出せなかったりしませんか?
知ってほしい情報があったらスタンプや顔文字を駆使したり。

それは具体的に、「誰に」という人物像が見えているから書ける内容です。



少し前にやっていたドラマの「ゴーストライター」を見ていた時も、
似たようなお話が出てきました。

売れない作家だった主人公が、
なぜか小説が書けなくなった売れっ子作家のゴーストライターになり、
そのゴーストライターの期間に書いた小説が瞬く間に売れて、
いざ、ゴーストライターの名前を捨てて、
個人の名前でやっていくこととなったとき、
売れなくなってしまった。
というのが終盤までのエピソードです。

最終回で、

「貴女は今、誰に向けて小説を書いてるの?」
と売れっ子作家に言われ、
「読者です」と元ゴーストライターは答え、
「顔の見えないたくさんの読者?
だからね。読者にこびたような作品になってる。だから、そこそこ面白いけど、何かが物足りないのよ」
と。

そして、元ゴーストライターは
「私は以前顔の見える人に向けて書いてました。
家族とか彼。誰よりも先生です。先生に読んでもらいたくて、褒めてもらいたくて書いてました。先生のために書きたいんです。」
というセリフがでます。


ちょっと長かったですね。

まとめると、
ターゲットが見えているようで見えていないと、
物語は書けないということです。

チラシも同じです。
相手のことを考えて、書くことが必要なんです。

「チラシを手にする人」のことを考え、
その人がどう言ったら響き、どう言ったら好感を持ち、
どう言えば伝えることができて、動いてくれるのか。

いくら飾った言葉を書いても、
誠実じゃない飾りだったら見透かされてしまいます。

それに、こんな風に思われたい!という思いがあってこそですが、
ラブレターだとすると、そんな想いばかりが入ってたら
うまくいくかもしれない恋もいかなくなってしまうかもしれません。

できるだけ等身大な言葉で、
しっかりとポイントポイントを伝える。

今私が企画している案件で、
デザイナーさんに出す指示書の中に以下のような言葉を書きました。

“心から、「新築を建てた奥様」になりきり、
その奥様が「ママ友に出す手紙を書いているようなシチュエーション」を思い浮かべて楽しく作成してください。”

これがどんなチラシになってくるのか、
楽しみにしていてください。

作業環境で体調も変わる?

2015年10月20日 日々のこと

鈴木美穂

先日社内で椅子を交換することがありました。
以前から使っていた椅子が私の身長に合うように調節できないため、
調節のきく椅子に交換してみたのです。

交換したら高さは丁度良くなり、「快適だなー」と思っていたのですが、
背もたれが細くなったせいか、腰まわりがすごく冷えて、
結局半日で元の椅子に逆戻りしてしまいました。


まさか背もたれの幅があるかないかで
こんなにも感じる温度が違うとは思っていなかったのでびっくりしました。


今まで椅子のことなんて考えたことがなかったのですが、よく考えてみると
ほぼ一日椅子から立ち上がることがないので、身体の事を思ったら
もっと作業環境に気を配った方がいいのかもしれないなということに気が付きました。

そう思ったからなのか、最近腰の調子が良くない気がするので
腰に優しいクッションを探して購入したいなと思いました。

運動で気分も良くなりました

2015年10月19日 

林奈央子

最近、近所のスポーツクラブに通い始めました。

きっかけは、家族で近くの観光地に遊びに行って写真を撮ったことです。

「私太ったな」と感じ、これはもう運動しないとだめだと思いました。

そこで、前から知っていた近所のスポーツクラブの会員になって、ジムとプールに行くことにしました。

小さいころから運動嫌いで、ジムはハードルが高いと思っていましたが、行ってみると意外と良かったです。

自分のペースでやれるし、疲れたら休めばいいので気楽でした。

ジムのランニングマシーンは、基本的に2キロくらい歩いていて、余裕があればもう1キロ走っています。

プールは、歩行レーンで行ったり来たりした後、水泳レーンでしんどくない程度に泳ぎます。

その後、プールサイドの温かいお湯につかって、水を飲んで出ます。

終わった後は身体が軽く、全身の血の巡りが良くなったような感じがします。

家に着くと少し眠くなったので、仮眠を取りました。

 

「運動はキツイ」と思っていましたが、それはキツイ運動を思い浮かべていたからで、

「じゃあ、キツくない運動をすればいいや」と思ったら気が楽になりました。

やる前より今の方が身体の調子が良いし、仕事から帰った後もぐったりしなくなりました。

このまましばらく続けてみようと思います。

1年後には理想の体型になって、軽やかに動けるようになりたいです。

運動

建築写真ディスプレイサービスのご依頼を沢山いただいています

2015年10月18日 竣工写真撮影

ディーシーエス

ディーシーエスでは、新築住宅の竣工写真の撮影と、
家具や雑貨のディスプレイサービスを行っています。
 
ここ一か月間、岐阜県をはじめ愛知県名古屋市や三河地区の
建築会社様や工務店様から沢山のご依頼をいただいています。
 
この、家具や雑貨のディスプレイサービスは
一度行ったことのあるお客様から、
次もお願いしたいと毎回ご依頼いただくことがほとんどです。
 
家具や雑貨のディスプレイを行うと、
セッティングした状態で内覧会にお越しになったお客様から好評だった、
ホームページやチラシで見栄えの良い写真を使うことができたと
大変好評です。

このディスプレイを自社で行うとなると、
家具や雑貨を一通り揃えるコストがかかる、
搬入や搬出をスタッフが行う手間がかかる、
保管しておく場所が必要、
買い足していかないと毎回同じものになってしまう
と、建築会社様にとってコストや手間が多いのが現状です。
 
ディーシーエスに任せれば、
家具や雑貨を買い揃えるコストがかからない、
コーディネーターがその家のスタイルに合ったものをセッティングしてくれる、
搬入や搬出を全て行ってもらえる、
と、全てディーシーエスにお任せで見栄えのする室内空間になり
魅力的な建築写真が撮影できます。
 
新築住宅が完成してから、施主様が入居するまでの限られた時間にしか撮影できない建築写真。
見込みのあるお客様に自社のつくる家を見ていただく内覧会。
建築写真をより見栄え良く撮影し、
内覧会でもお客様により良いイメージを持ってもらえるように
ディスプレイサービスをお勧めします。
 
岐阜県や愛知県の建築会社、工務店のご担当者様
建築写真の撮影や家具・雑貨のディスプレイサービスは
ぜひディーシーエスにお任せください。
 
キッチン_雑貨
主婦なら誰もがこだわりたい、キッチン。
雑貨をコーディネートすることで、より魅力的になります。

キッチンから見たダイニングテーブル
主婦の目線からの撮影で、チラシやカタログ、HPで見てもその場にいるかのよう。

キッチン小物_パスタ
憧れのオシャレな雑貨たち。
こんな暮らしがしたい!と思わせる工夫です。

竣工写真_テーブルの花
お花があるだけでも一気に華やかな雰囲気に。
内覧会でも、和やかな雰囲気で商談ができそうです。

竣工写真カメラマン
カメラマンももちろん、実績豊富なプロが撮影します。
私たちにお任せください!