大地震でも大丈夫な家

2015年11月13日 

原咲江

今、ある講演のテープ起こし作業をしています。
その内容で、建物の耐震性能についてのお話がありました。

耐震性能というのは、建物の構造のゆれに対しての強度を表していて、
非構造部材といわれる、天井材や壁材、窓ガラスなどは、どんなものでも耐震性能には影響させないというのです。

東日本大震災では、多くの学校施設で天井材の落下など非構造部材の被害があったそうです。
だから建物の耐震性能が良くても、非構造部材の耐震対策をしないと安心できないですよ というお話でした。

これは学校など公共施設の安全を考えるお話でしたが、
ふと、会社の建物は大丈夫かな? 自分の家は大丈夫かな?と思いました。

私の家は阪神淡路大震災の後に建てた家なので、耐震性は大丈夫だろうと思っていましたが、
ペシャンコにならないだけで天井は落ちてくるかもしれないと思うと、ちょっと不安になりました。

家の非構造部材を耐震性だけ考えて造ったら、すごくごっつい家になりそうな気がしますが、
安全じゃないところに住みたくもないですし、これから建てるなら、
見た目だけでなく安全面も考えて建てたいと思います。

だったらどんな家を建てれば、どういうリフォームをすれば、
見た目も良く安全な家になるのでしょう。

木の壁や天井だったら、きっと剥がれて落ちてくることはなさそうです。
塗り壁は体には良さそうですが、安全面ではどうなのでしょう。
バラバラと剥がれることはあっても、貼り付けた壁のようにドサッと落ちることは
なさそうな気がします。
おしゃれな吊り照明などはよく揺れて危なそうですが、
かわいらしさや住み心地、使い勝手も家には欲しいですね。

良いところと悪いところ、それぞれあると思いますので全てをカバーすることは難しいと思いますが、
建てる人の想いや耐震性をわかっている人が
見た目、価格、住み心地、安全面などを説明して提案をしてくれて、
住む人が自分で選んで、弱みなどもわかっていれば心持ちが違い、
命を守る行動も出来るだろうなと思いました。

建物について考える、勉強になるお話でした。

はっ!とすることの連続です

2015年11月12日 日々のこと

河合亜沙美

人生は発見があるから面白い

と大きく出ますが、毎日楽しく過ごすことを【めあて】にしている河合です。
座右の銘は《急がば回れ》ですが…。

ディーシーエスで仕事をしているとほぼ毎日「はっ!」とすることに出会います。
それはお客様との打ち合わせであったり、デザイナーさんの話であったり、
社長の話であったり、様々なのですが、とにかくこの驚きがあることで、
私は飽きもせず毎日毎日お仕事ができるわけです。

しかし、今日のはっ!とは一味違う。
つい声にだして「へー」とか「ほぉー」とか呟いちゃうくらい感心しました。

それはとあるWEBサイトで読んだ「文章の雰囲気」という話です。

例えばチラシをつくるとき「ターゲット」や「目的」などを考えます。
そして「誰に向けてどんな風に魅せるのか」という部分で
デザインの雰囲気なども変わってくるため、
デザイナーとはそこがしっかりと伝わり、イメージしてもらいやすいように話をします。

しかし「文章」の「雰囲気」をどのように、
というのを掘り下げて考えたことはありませんでした。

もちろん、チラシの雰囲気にそぐわないテキストは作りませんし、
読んで頂く方をイメージして違和感なく魅力的な文章になるようにと考えて作ります。
「読みやすい」「スっとはいってきやすい」「日本語としておかくない」など、
テキストを書くときに注意していることだけでも山ほどあります。

でもこの「文章の雰囲気」というのはしっかりと明確に考えたことがありませんでした。

「読んだ人を温かく包み込むような文章」
「読んだ人にも興奮が伝わるように、強気で営業トークをする電気屋さんの売り込み店員さんのような文章」
「会社の透明感を現わすような信頼感のある感じに硬めな文章」
「読んだ人が思わず声を出して笑ってしまうような文章」
「小説を読んでいるように心穏やかになれる清流のような文章」

など、書き出してみるとその表現だけでも沢山あり、
それを「実際にライティングする人がイメージして意識して書けるようにする」ためには、
もっともっと掘り下げないと難しいことがわかりました。

ひとつ例にあげると、
「読んだ人が思わず声を出して笑ってしまうような文章」
と雰囲気を指定する場合、「どうしてそうするのか?」が明確ではないですね。
要は「ターゲット」です。
どんなターゲットを考えてその文章にしてもらおうとしているのか、
そしてどんな「目的」があって、
どんな「その後の展開」があって、その文章を仕上げて行くのか。

このように考えをまとめていくと、
結局はデザイナーさんへデザイン依頼をするときと、同じことなんだと気づきます。

でもここでひとつ違うことが。
それは例えば「面白さを表現しよう!」と思った時に、
デザインであったなら、色やあしらい、レイアウトなど、表現方法はいくつもあります。

しかし、文章は本当に「文字」だけなのです。
沢山書けば、読み手にそのように伝わるかというと、
その人の人生経験や想像力、読解力にも頼るところになります。

これは「TV」か「ラジオ」か、というくらい違いがあるように思うのです。

それに、「こういう文が面白いと思わせられる文章」ということを
教えてくれるスクールはそうそうありませんし、
ハウツー本を買ったとしてもそれはすでに「完成されたテキスト」であり、
「文字」というハッキリ目にみえるもので、シンプルにそれ1つで表現するからこそ、
一生懸命マネしてもただのコピー量産機になってしまいかねません。


でも私達がいつもダメな文章を書いているかというと実際はそうでもなく、
むしろ無意識なだけでそのようにしようと心がけている可能性はあります。

例えば、私は今日「はっとする」という表現を何度か使いましたが、
「ハッとする」、と書くと、「ヒヤリ、ハッと」という
製造業の工場でみられる標語のように感じてしまったため、
わざとひらがなで「はっとする」と書いていました。

読んだ人に恐怖とか焦りを与えるのではなく、
ちょっと楽しいことが書いてあるな~と思って読んでいただきたかったからです。

それでも私の中でとても変わったことは、
今日からは、「ターゲット」や「目的」、「その後の展開」を
しっかりと意識した文章を書いていこうと思えたことです。

もし文章をライターさんに依頼するときにも
そこをしっかりと伝えたほうがより確実に、希望通り、もしくはそれ以上のものが出来るということ。

こんな感じで、ほぼ毎日、何かに驚き、考えるところが増えて行きます。
ディーシーエスで仕事ができる時間が本当に楽しくて仕方がないし、
これほど成長できるところもそうないな~と思っています。



そういえば、若い頃演劇をやっていたときに「えんぴつの気持ちになる」
ということをやりました。

今思えば、10分程度の短い時間に考えることとしては、題目が広すぎて、
辿り着く答えも浅くなってしまうのかなと思いますが、

・どうしてえんぴつの気持ちを考える必要があるのか
・どういうことを目的として、えんぴつの気持ちになる授業があるのか

それを教えてくれることはなく、「そこを考えることも修行」という感じだったと思います。
そしてそれを演じる…と考えると、演劇のみならずTVに出ている人、芸人さん、
舞台に立っている人というのは、その一瞬に、
「目的」「ターゲット」「この後の展開」をも考え、
それに一番適したものに「なりきり」演じるということを行っているわけですね。

それってすごいことだなと。
でもあの頃は何も意識できていなかったので、
ただ漠然と考え、想像して、演じていたと思います。

「目的」「ターゲット」「その後」など、考え方を知った今演じたら、
もっとえんぴつの気持ちになりきり、
そしてそのえんぴつは何を訴える為にその場面にいたのかなどももっとわかるのかもしれません。

はっと驚き1つ賢くなったところで、
たまには、私に毎日叩かれているキーボードの気持ちにもなってみようかなと思うのでした。

出会いのきっかけをつくる

2015年11月11日 日々のこと

鈴木美穂

最近、ニキビがたくさんできてなかなか治らず困っていました。

塗り薬など試しても効き目がなく、
もうどうしようもないのかな~と思っていた時に、
テレビCMで「肌荒れ・ニキビにはこれ!」と飲み薬の紹介が流れてきて、
あっ!飲み薬があったのかと思いだして、飲み薬を試しました。

すると何か月も困っていたニキビたちがたった2日で落ち着いてきました。

わたしが飲んだ薬はビタミンB郡を補うものだったので、
ビタミンBがものすごく足りていなかったんだなというのを文字通り肌で痛感しました。

ビタミン不足ということは野菜不足なのかなと思い調べみたら、
なんと野菜というよりは肉や魚の摂取が足りていなかったようで驚きました。

今まであまり食べ物の栄養に興味を持ったことがなかったのですが
身体に取り入れるものでこんなに調子が変わることが分かったので
もっと食事に気を使わなければという気持ちになりました。


それからテレビCMを見て飲み薬の存在を思い出したので、
普段何気なく見ていると思っていたCMも、
しっかり宣伝をしていたんだなという当たり前のことに気が付きました。

お店で何か買おうと思って迷った時、
全く知らないものよりも、CMやチラシ、広告で見て、知っているもののほうが
安心感や信頼感があるのでその商品を買うと思います。

わたしがお仕事をさせてもらっていることも、
そういった安心感や信頼感をお客様に訴える役割も担うものだと思います。

ニキビの薬と家の広告では全然規模が違いますが、
こんな風に、工務店様とお客様が出会うきっかけになるような
ものを作らなければいけないなと思います。

違う立場の人を理解すること

2015年11月10日 

林奈央子

うちは両親と私の3人暮らしですが、NHKが好きでよく見ています。

特に教育テレビは2000年以降くらいから急にデザインがオシャレになり、若者の私でもとっつきやすく、ためになる番組が増えたと思います。

それで、この前は録画していた「100分で名著」の小泉八雲編を見ました。

この人は元々ギリシャで生まれたのですが、自分の居場所を求めて世界中を飛び回った結果、日本を気に入って住むようになったそうです。

日本に来たのは1890年(明治23年)で、人々は着物を着ていて、これから西洋の文化を取り入れて近代化していくような時代です。

そこで感じた日本の良さを「知られざる日本の面影」という紀行文にして、アメリカをはじめ世界中に広めました。

「すべてのスケールが小さく、人々はみんなやさしい顔をしていて妖精の国のようだ」とか、「日本の桜は日本人に愛されているからあれほど美しい」とか、

とにかくベタ褒めなんですが、これは外国人ならではの視点かな、と思いました。

私たち日本人には何でもないことが、外国人の八雲には新鮮だったと思います。

その後、日本の人々に囲まれて生活する中で、八雲は日本人が嬉しい時も悲しい時も笑っていることに気付いたそうです。

自分の身内が死んだことを主人に伝える使用人が、笑いながら「身内に不幸がありまして…」と言っているのを見て、

なぜ悲しいのに笑っているのか理解できなかったそうです。

これは使用人が主人に心配を掛けないための配慮なのですが、特に笑いを意識しているのではなく、自然にやっていることです。

そういう日本人特有の気遣いの意味を理解できた八雲は、とても鋭い感性を持った人だと思いました。

その後は、昔話とか怪談に興味を持ち、「耳なし芳一」「雪女」「ろくろ首」など日本人から聞いた話を自分の言葉にして文学作品にしました。

目に見えない妖怪や幽霊のようすをそこにいるように描写し、日本人よりも日本人らしい表現ができるまでになった八雲は、心まで日本人になりきっていたと思います。

妖怪

そして、日本で暮らしながら、軍艦などを造って近代化していく日本を見ながら、

「この先日本が近代化しすれば今ある文化は失われ、そのあとになって大切なものが無くなっていることを日本人自身が嘆くだろう。」というようなことを言ったそうです。

 

長くなりましたが、この番組を見て私が思ったことは、ギリシャで生まれた人が日本の心を理解できたのだから、

広告会社が家を建てたい人や工務店様の心を理解することもできるだろうということです。

もちろん話し合いや取材を重ねて理解を深めていくことが必要ですが、決して出来ないことではないはずです。

自分で作ったものを客観的に見ることの難しさは日々の広告作りで感じていますが、もしそれがもっと深くできるようになれば、

もっと良い広告がつくれると思います。

小泉八雲とは全然立場の違う話ですが、通じるものがあるな~と思いました。

スニッピングツールで、ひと工程を短縮

2015年11月9日 

岡山千絵

ディレクターさんや他デザイナーさんとのやり取りの中で、
Snipping Tool(スニッピング ツール)を頻繁に使用しています。

Snipping Toolは、指定した画面上の部分的な範囲のスクリーンショットを切り取るツールで、切り取った画像に色ペンで落書きもできます。

このツールを使用していて、最近気づいたことがあります。

それは、スクリーンショット化した画像を保存しなくても、
ワードやイラレへ、コピペできるということです。

コピペの作業のみで、「画像を保存→配置」 この作業が短縮できることに気づいた瞬間は
何とも言えない得をした気分になりました。
(みなさんは、すでにご存じのことと思いまが。。)

今までは、画像を保存して、その画像を各アプリケーションに配置をしていました。
この作業を省くことができる!時短につながりました!

使いながら、発見して、覚えていく。
イラレにしても、フォトショップにしても、仕事の中で、ソフトの操作を覚えてきました。
この発見の瞬間が、嬉しく、
そして、その積み重ねが財産になるのですね。

ひと工程を短縮できた!ただそれだけのことですが、
この発見は、私の中では大きいものなんです!

工務店様の効果的な内覧会チラシをつくるには

2015年11月8日 工務店専門 チラシ制作

ディーシーエス

11月になり、最近では12月に開催される内覧会のチラシのお話を
いただくことが多くなってきました。
 
年内の完成、引渡しを予定されている工務店様も多く、
それまでに完成できるように…と思われている方も多いのではないでしょうか。
 
そして、内覧会や完成見学会を行う場合はそろそろ、
折込チラシの内容を考えないと!と思い
社内で企画を出したり会議を行ったりと、動き出す頃ですね。
 
自社でDMなどで配布するチラシを作られている方も
毎回、「何を載せようか?どう見せようか?」と悩まれているのでは。
自分で制作するとデザイン料はかかりませんが
内容やデザインが毎回同じ感じになってしまうという悩みもよく耳にします。

制作会社にいつも頼んでいるという工務店様も、
まだ工事が終わっていないから写真も撮れないし…
ぎりぎりの日程だから担当者も企画を考えてる暇もない…
そんな悩みを抱えている工務店様が多いのも事実です。

ただでさえ忙しい年末のこの時期に、
普段の業務に加えチラシの制作や企画もしなければならない。
そんな風にお困りの工務店の担当者様、
チラシの制作は、ディーシーエスにお任せください。

どういうチラシにするのが効果的か、
ヒアリングを行い、自社の強みやターゲットとなる客層を明確にし
効果の出るチラシをご提案します。

完成していなくて写真が撮れない、間取りを載せることができない
どう見せたらよいか分からなくて困った…
そんな時も、良い見せ方をご提案します。

チラシを制作する目的は、多くのお客様に見てもらい
自社の注文住宅の良さを知ってもらい
お問い合わせ、そして受注につなげることです。

工務店専門でチラシの制作を行ってきたディーシーエスだから
企画やデザイン担当者も建築の知識が豊富。
女性目線でお客様の心に届くチラシを制作します。

年内に折込予定のチラシをお考えの工務店様、
ぜひ一度、ディーシーエスにお問い合わせください。


中津弁でチラシをつくったら効果的?

2015年11月7日 工務店専門 チラシ制作

ディーシーエス

チラシは、新聞に折り込めば人の目に留まる営業ツールです。
アクションしてもらわないと見て貰えないものより、
見て頂けるチャンスの多いものとなります。

もし同じ日に20枚のチラシがあったら、
お客様は、ペラペラとめくりながらチラシを見て、
自分の欲しいものや、お!?っと心に止まったチラシで
手を止め、後からもう一度読むために、
チラシを取っておくのではないでしょうか。

そこで、その「お!?」を生み出すために、
インパクト、アピールポイントなど、
どんなチラシが目に留まりやすいかを考えます。

想像をすることが大切ですね。

例えば、チラシを手に取る人は、中津川市に住んでいる40歳の女性。
だとしたら、中津弁でテキストをすべて書いたら、
それはそれはおもしろいチラシになり、
注目されるのではないだろうか?

一度やってみたいなぁと誰もが思うと思います。

ちょー、おんしの家さむいらー、ぬくたくなるでうちでリフォームしてみん?

みたいな感じでしょうか。
でもそれは、注目はされても、誘導できるチラシとは限りません。

チラシを手に取ってもらう、ということに着目しすぎて、
目的やターゲットを見失ってしまう例とも言えます。

チラシを手に取り、そのチラシの情報を読んだあとも、
ストーリーには続きがあります。

電話をする、見学会へ赴く。

見学会では何を目的に営業マンが動き、
どのようにお客様を迎えて話をするのか。

たとえば、新築完成見学会なのに
実はリフォームの受注を取りたいという目的だったとか、
30代の人が建てた家の見学会だから、
同世代の方に見て貰えるようにチラシも可愛くつくったけれど、
じつは60代の方がターゲットで、来て貰いたかったとか。

想像力だけではなく、
しっかりとしたターゲット、目的を固めて、
それを形にして、会社の中、スタッフの中でも浸透した上でつくるチラシは、
4万部くばって4人の反応、よりもっと沢山の反応が得られる
「効果的なチラシ」となるのではないでしょうか。

どうしても色々と載せたくなってしまいますし、
色々なことをかんがえているうちに、どんどん違う方向へ行ってしまいます。

しかし、この「目的」と「ターゲット」をぶれないことが、
なにより重要なことなのです。

どんなチラシがいいと思う?と是非ご相談ください。
沢山お話を聞かせて頂き、一番の手をご提案させていただきます!

チラシや販促物など、続々納品です

2015年11月6日 工務店専門 チラシ制作

早川百合子

早いものでもう11月になりました。
朝の気温が2度の時もあり、一気に気温も下がりましたね。

今週はチラシが沢山刷り上がり、毎日、納品がありました。
建築会社様も今月半ば頃にかけて、内覧会やイベントが数多く開催される時期なんです。
B4折込チラシの納品

展示会が開催されるため、ブースに展示するためのパネルやタペストリーなど
チラシ以外のご依頼もいただいていました。

内覧会や完成見学会、構造見学会や住宅祭、そして展示会など
自社の注文住宅の良さをお客様に知っていただくためには
朝刊にチラシを折り込んだり、来場いただいたお客様にパンフレットを配布したり
見どころや性能を説明したパネルを展示したり
目的に合わせて、販促ツールが必要です。

ディーシーエスでは、チラシやパンフレットなどの印刷物から
ホームページの制作や毎月の更新管理、
展示会用のパネルやタペストリーの制作まで
建築会社様や工務店様に必要な販促物をワンストップでご依頼いただけます。

建築写真の撮影から販促物まで、経験豊富なスタッフがご提案いたしますので
ぜひご依頼ください。

リフォーム受注を伸ばすために

2015年11月5日 

片岡 敏

新築着工棟数が伸び悩み、リフォームの受注ウェイトを上げる方向で動いている工務店様が増えました。リフォーム専用のホームページの立ち上げやリフォームチラシの折込回数が増えています。
受注するために新規顧客の獲得に力を入れる会社は多いのですが、同じようにOB顧客に対しての何らかのアクションをとっているところは多くないようです。

特にリフォーム業界は住宅メーカーをはじめ、設備、資材系問屋、家電量販店さらには家具屋なども加わり新規顧客開拓が難しくなっています。

地域に密着している工務店様こそOB顧客様のアプローチをより強めることでリピート案件や紹介案件が多くあると思います。
OB顧客様とはすでに信頼関係があること、新築が建てられる=家づくりのプロであることなど有利なことがたくさんあります。

OB様向けイベント(感謝祭、メンテナンス教室、DIY教室など)でつながりを再構築し、それをきっかけに会報誌の配布やメルマガ、LINE@での情報提供から、何かあったときに思い出していただける、お問い合わせしやすい関係を構築するのが大切です。

ここでも我々ディーシーエスがお役に立てることがあります。
イベント告知、会報誌の制作、メルマガシステム、メルマガ内容の作成、FacebookやLINEなどSNSの活用などなど、工務店様の戦略に合ったツールでより効果的な方法をご提案いたします。
何かしなければいけないけれども、何をしよう、どこから始めようと迷ったときはご連絡ください。ぜひお手伝いさせてください。

メッセナゴヤ2015 開催中です!

 日々のこと

ディーシーエス

昨日(11/4)より、ポートメッセ名古屋にて、「メッセナゴヤ2015」が開催されています。
 
私も昨日、お手伝いで行ってきました。
朝10時の開場前から、入口は講演会に参加される方で大行列!
 
中津川市内からは今回、「中津川商工会議所」として、市内の業者や行政、団体など合わせて9つのブースが出展されました。
ブースの場所は、第3展示館の「3C-160」です。
 
メッセナゴヤ2015_nextG様_市役所様ブース
 
メッセなごや2015なまこ壁2
 
それぞれ工夫を凝らして、自社の強みや製品の特長をアピールされていました。
 
メッセナゴヤ2015_中津鋼材様ブース_タペストリー
中津鋼材株式会社様のブース内のタペストリーを今回、弊社にて制作させていただきました。
遠くからでも施工実績をはっきりと見せられるよう、大き目のサイズにしました。
 
立ち止まって眺められる方も多く、
建築業界の方で興味をお持ちの方から検討したいというお話をいただいたりと
多くの方に知ってもらい、次に繋がる良いきっかけになりました。
  
この展示会は、土曜日(11/7)まで開催されています。
ご来場の際には、中津川商工会議所のブースへぜひお越しください。

  • 新着ブログ一覧