クリスマスですね

2015年12月24日 

林奈央子

今年の冬はあったかくて、本当に12月かな?という感じですね。

過ごしやすいけど、今一つ物足りない感じです。

クリスマスと言えば、我が家はいつも家族でシャンパンを飲みます。

私が小さい頃は、シャンパンもどき(炭酸が入ったぶどうジュース)でした。

食べ物は、個別のケーキかチキンです。(家族の人数が少ないので、ホールだと多すぎるので)

今はプレゼントはないですが、いつもよりちょっと豪華な食事を楽しむことで、満足しています。

あ…そういえば11月にユニバーサル・スタジオのクリスマスに行ったので、それがプレゼントでした。

そんなわけで、前倒しで徐々にクリスマスを楽しんでいた我が家ですが、皆さんのお家では、どんなことをされますか。

お父さんお母さんは、サンタさんがちゃんと来てくれるようにセッティングが大変そうですね。

今年もあと少しですが、どうぞお元気でお過ごしください。

クリスマス

 

大掃除の必需品

2015年12月17日 

原咲江

最近のチラシの日用品には、掃除に便利なグッズがいろいろと載っていますね。

うちの大掃除もだいぶ進んで、だいたい3/4は終わりました。
残すところ1階の窓拭きと、トイレの換気扇、冷蔵庫、建具・壁を拭くぐらいでしょうか。
やろうと思えばいくらでもやる事はありますが、年末には掃除しようと思っているところは、
あと少しになりました。

居間の建具は、掃除するにはとても面倒なデザインになっていて、
このマス一つ一つ拭くことになります。
建具
両面このデザインで5枚あり、1人で拭くのはウンザリしてしまうので、年末の子供の宿題にして
強制的に手伝ってもらっています。

窓拭きは、ガラスをきれいに拭くよりも、サッシの溝をきれいにする方が大変だと思います。
スチームでさっと掃除できる道具があれば楽かもしれないですが、うちにはないので私はこれを使っています。
串
五平餅の串です。このタイプの串は中津川市周辺にしかないかもしれないですね。
今年の掃除でもずいぶん使ったので、ちょっと曲がっています。

これをタオル雑巾の上から押えて拭くと、サッシの隅っこまできれいに拭くことができます。
鍵の部分などの狭い隙間も拭くことができて、すみずみまできれいになり、
かゆい所に手が届く感じで気分がスッキリします。
 
普通の竹串のように細くなく平たいので、タオルを突き抜けることがなく、
割り箸よりも細いので細かい部分までとどき、指が痛くならない上に、
竹製なので丈夫で力を入れても折れることはあまりありません。

タオルの押さえるところを変えれば、次々と汚れていない部分で拭けるので、
なんとか棒を作るより、私はこちらの方が使いやすいです。

私の大掃除の必需品です。

素敵な贈り物

2015年12月15日 日々のこと

鈴木美穂

在宅のデザイナーさんからかわいらしいお菓子を頂きました!

IMG_5674
IMG_5675
 

 

フィナンシェにマドレーヌにクッキーに小さな焼き菓子。
事務所の皆でおいしくいただきます!!

私は一足お先に宝石のような形の
「キャラメル・ブール・サレ」という小さな焼き菓子を頂きました。
塩味のあるキャラメル味でちょっとリッチな気分が味わえました。

IMG_5669
お菓子の見た目はもちろん、一つ一つの包装も
ロゴが付いたかわいいデザインになっていて
目にも癒されました。

 

IMG_5672
 

素敵なお菓子をありがとうございます!

岩村と書道

2015年12月14日 

林奈央子

この前、岩村にある書道家さんのギャラリーに行って来ました。

このギャラリーは、古い町並みの中にある民家にあり、レトロな雰囲気が素敵でした。

ミラノ万博に出品されたという作品を見たくて訪れたのですが、そのほかにもたくさんの作品を見ることができました。

優しそうで気さくな感じの方が迎えてくださり、風貌から何となくその方が書道家さんだとわかりました。

もっと年上だと思っていたのですが、お若かったのでびっくりしました。

 

作品は、お地蔵さんやだるまさんなど、和のキャラクターの横に、前向きになれる言葉が書き込まれており、

眺めていると穏やかな気持ちになれました。岩村の雰囲気とも合っていて、ゆったりとした時間を過ごせました。

その場で好きな言葉と絵を書いてくださるとのことで、私も一つお願いしてみました。

はがき

ギャラリーの中に、「ほっ」って書いてある作品があって可愛かったので、言葉はそれにしました。

お地蔵さんには虹を付けていただきました。

数分で仕上げてしまわれましたが、とても心が和む作品で、嬉しかったです。

家でフレームに入れて飾ろうと思います。

忘年会を行いました

2015年12月7日 

原咲江

金曜日にディーシーエス、ディーシーエス・フォト合同で忘年会を行いました。

在宅のデザイナーさんは都合が悪く参加できなくて残念でしたが、普段あまり話す
機会がないディーシーエス・フォトのインテリアコーディネーターさんもご一緒でき、
和気あいあいといろんなお話しができました。

雨の日の家具・雑貨のディスプレイは大変だというお話や、移動中の車の話、
会社設立当時のお話、今度はイケメンが入社してくれるといいなという話から
好みのタイプの話など、仕事以外のこともいろいろと話ができて、
たのしい時間となりました。

お料理はボリュームたっぷりで、おなかいっぱいに頂いても食べきれなくて
残ってしまったのですが、お店の方が親切にパックを用意してくださったので、
それぞれお土産として持ち帰ることが出来ました。ご馳走さまでした。

しっかりと充電することができました。今年もあともう少し頑張りましょう。

IMG_0067

今日は忘年会

2015年12月4日 社内風景

河合亜沙美

1年を締めくくる忘年会がもうすぐはじまります。(19時からです)

今年一年の嬉しかったこと、大変だったこと、
これからのことなどを、みんなで語り合い、
楽しく、おいしく過ごせるといいなと思っています。

普段、パソコンに向かい、
それぞれの仕事に集中していることが多いため、
仕事中はほとんど会話がなく、
会話をしたとしても仕事のことが大半。

そんなみんなが、
ちょっと気楽な雰囲気になり、
ゆったりとおしゃべりできる、とても贅沢な時間ですね。

私はゆっくりまったり飲むのも好きですし、
カラオケなどでがっつり騒いだり、
芸を命じられた人ががんばる姿を見るのも好きです。

学園祭のように、ワタワタしながら
出し物を用意するようなものも楽しいと思います。

逆にお酒の席だからと大変なことになってしまう、というのは
ディーシーエスに入ってからは見たことがありませんが、
そういうのも良いんだろうな~って思います。

どちらかというと大人しいみなさんの
化けの皮がはがれるといいのになと。
何か部長命令で考えれば良かったのかも。
今思いついても遅いですね。

それでは、楽しんできます!

フォトショップでマスクをかける方法

2015年12月3日 

鈴木美穂



最近でこそ、フォトショップを使うようになったのですが、
ディーシーエスに入社する以前は、フォトショップを操作して作業をすることがそれほどなかったので
知らなかったことがたくさんあって、今までなんで使ってこなかったのかと思うことがよくあります。

そんな中、一番衝撃を受けて便利だったマスクのかけ方を紹介します。
今までフォトショップではマスクをかけると言ったら下の写真の方法しか知りませんでした。

 

01

 

Print

 

でもこんな方法もあったのです。

Print

PrintPrint

この方法はイラストレーターのクリッピングマスクに通じるものがあって
個人的に使いやすくて重宝しています。

フォトショップってとっつきにくいなと思っていたのですが、
最近はフォトショップの長所をたくさん知ったおかげで
操作が苦痛じゃなくなりました。

でもやっぱりイラストレーターの方が、操作をしていて安心するので
溝を埋められるようもっとフォトショップの事勉強しなければと思います。

USJはすごかった

2015年12月2日 

林奈央子

この前、母とユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行きました。
目的は、二人とも大好きなハリー・ポッターのアトラクションでした。
出来た当初はすごい人気で遠慮していましたが、もうそろそろ良いよね…?と思い、行くことにしました。

しかし、いざ行ってみると大人気で、けっこうな人混みでした。
事前に旅行会社に頼んで、早朝からパークに入れるチケットと、ハリー・ポッターに絶対乗れる予約チケットをゲットしていたのでそんなに待つことは無かったですが、何もなしで来ていたらとんでもないことになっていたな、と思いました。

乗り物の予約は夕方だったので、まずは早朝にハリー・ポッターエリアに入っておみやげを見ました。マント・マフラー・魔法の杖などがあり、欲しくなりましたが(着れるのはパーク内だけよ!と思って)我慢しました。ちょっとしたお菓子など買って外に出たのですが、その時、通常時間から入って来られた大勢のお客さんとすれ違いました。
大人も子どもも、みんな目をキラキラさせて、小走りで入場門に向かっていました。

これほど人を惹きつけるものって、単純にすごいな、と思いました。
けっこうお金も掛かるのに、みんな我先にと走っていました。
やっぱり魅力的なものには人は殺到するんですね…勉強になります。
城、街並み、おみやげ、どれも精巧で、まさにハリー・ポッターの世界でした!

夕方、他のエリアを楽しんでからハリー・ポッターエリアに戻り、
お目当ての「フォービドゥン・ジャーニー」に乗りました。
「世界最高をお届けしたい」というUSJのフレーズらしく、最高のアトラクションでした!
動く椅子(コースター?)に載って3Dの映像を見るんですが、けっこう迫力がありました。
自分がハリーたちと冒険している気分になれます。

乗り物酔いしやすい方には不向きですが、そういうのが平気な方には、とてもオススメです!
とにかく色んなものが迫って来るんですが、映像なのに避けたくなるほどリアルです。
まさに「わお!」と言いたくなります。

 
また、どこのスタッフさんも対応が良く、助かりました。
クーポン券の使い方が分からずにたずねたら、他のエリアの方と無線で連絡して使い方を確認してくれたり、トイレの場所が分からずたすねたら笑顔で対応してくれました。
ゲームで当てた賞品を持って歩いていたら、まったく関係ないエリアで
「おっ、それゲームでゲットされたんですね。おめでとうございます!」と言ってもらえたことも嬉しかったです。

すごいアトラクションと親切なスタッフさんのおかげで思いっきり楽しめました!

20151122_07494120151121_202716

 

↑ハリー・ポッターの衣装           ↑クリスマスのプロジェクション・マッピング

 

 

友人の結婚式と、懐かしの大学へ

2015年11月30日 日々のこと

早川百合子

土曜日に、大学時代の友人の結婚式がありました。

朝、中津川を車で出発して愛知県へ。
式場は大学から近い場所にある、新しい結婚式場でした。

チャペルに案内され、いよいよ挙式です。
まずは新郎が登場。
その後、友人は両親と一緒に、白いドレスで登場。
今までに見た中でこの日が一番綺麗でした!
私はもちろん、一眼を持って行き、写真を沢山撮っていました。
Wedding

結婚式場ではなつかしい友人たちと再会。
半年ぶりに会う友人や、10年ぶりに会う友人も!
結婚してダンナさんと一緒に来ていたり、子どもを連れてきている友人もいました。
みんな生活は変わりましたが、一目で分かったので見た目はあんまり変わっていません(笑)
卒業してからもう10年経つなんて、信じられません。

その後、大学に行ってみたくなり、ドレスの上に上着を着こんで大学へ向かいました。
私が在籍していた学部は何年か前に別の校舎へ移動してしまったのですが
講義を受けていた建物は、そのまま残っていました。

休講や補講を確認していた掲示板も、そのまま。
懐かしいです。
掲示板

この日、何かイベントがあるらしく、
校内には学生さんの姿がちらほら。

そして偶然にも、知り合いに10年ぶりにばったり会うこともでき
彼女も相変わらず元気にやっていると分かり、嬉しかったです。

当時の私を振り返ってみると、
レポートの締切が…
ゼミの予習が…
バイト行かなきゃ…
オーストラリアとU.Sに行きたい…
いろいろやらなきゃいけないことも多く、
やりたいことも多く、
毎日、授業やバイトや遊びで充実した日々を過ごしていたなぁと思います。

学生時代にしか経験できなかったことも沢山。
「学生時代にしかできないことをやっておけ」と先輩達からさんざん言われたことが
今になって、その通りだと思います。
キャンパス

この場所で、ここで会った先生たち、そして友人たちのおかげで今の私があるんだと感じました。
本当に良い4年間を過ごさせていただき、
いろんなことを経験させていただき、感謝です。

本当に幸せそうな新婚の友人に会え、
懐かしい友人たちにも会え、
大切な場所に戻ってくることができて、良い一日でした。

1日のメールの数は嬉しさの数

2015年11月27日 日々のこと

河合亜沙美

こんにちは、河合です。
年末がせまってきているようでなんだか落ち着かない今日このごろ。
ふとメールの送信履歴を見てみたら、
1日だいたい20通以上メールをしていることがわかりました。

その他に、電話、スカイプ、LINE、そして打ち合わせなど、
様々な方と色々なことに関わらせてもらっていて、
とても充実した毎日を過ごしています。

そんな中で、さあ企画をやろう!としたとき、
なかなか集中できないのが今の悩み。

電話やメールをするのと同じ勢いで走れるか!というとそうでもなく、
やっぱりじっくり考えて、調べて、作戦を立てて、ストーリー、戦略を組み立てていきたいのです。

集中して、これだ!というものができてはじめて、
お客様にも、自分でも満足できるチラシへの第一歩が踏み出せると思っています。

 

物語を書くようにデザイン案をつくる

企画、サイトマップ、ラフ案など、
デザイナーに渡す前につくるものがあります。
そんな時、物語を書くときと同じ頭の動きをしているな~と、よく思います。
主題、言いたいこと、読んだ人に思ってもらいたいことなど、
『何を載せたいか』をとにかく風呂敷にいっぱい広げます。

そして、それをとりあえず包んで左側とかに置いておいて、
これを作る目的 ターゲット などを考えます。

そして、その後の展開も右側あたりに置いておきます。

すべてを広げた後、風呂敷にあるもの、ないものなどを考えながら、
実現可能かつ一番良いと思われるものにまとめていきます。

 

でも物語は、まとめるだけじゃなく、心を動かすようなハラハラする展開、
思いつかないような仕掛けなども組み込みはじめて
「心に残る物語」とか「おもしろくてつい読み進めてしまう話」になると思います。

チラシやパンフレット、ホームページと形は変えても、それは同じだと思います。

でも頭に限界もあるため、
風呂敷を広げている段階のものが5個も6個もあるとちょっとアタフタしてしまいます。

完成系が頭の中でかたまりはじめると、
8割方終わったような感じで、あとは見える形に出力する、という作業のみとなるため余裕が生まれます。

余裕っといってしまうと御幣がありそうですが、
マイペースな目線をいつも持ちたいと思っているので、
焦ったり、アタフタしたりしないように、自分の好きなこと(ラムネを食べるなど)をして、
いつも楽しい気持ちで仕事をしています。

沢山ある!大変!必死!なんて想いで作ったチラシやホームページが、
素敵なものになるとは思えません。
焦ってつくったものでは見落とし、方向性の違い、
クオリティの追及など、色々な落ち度が出て来てしまうと思うのです。

そこで、いつもマイペースに、一歩後ろからもう一度企画を見ます。

 

上司や同僚と、企画の段階で話し合うのもとても楽しい時間です。
そして、決まった企画をすぐにデザイナーに渡すのではなく、
もう一歩!と踏み出すのがまた面白いものを生み出すと思うので、
何度も何度も見直します。

文章の校正、ではなく文章を推敲するような感じですね。

最初は、物語が最初から最後まで違和感なく綺麗に出来ること目指します。
つぎに、あれ?とか、え?なんていうひっかかりや驚きがあることを目指します。
そしてそれが、ちゃんとまとまって、ターゲット、いいたいこと、やりたかったことなどが
みんな出来ているのか、ということを見ます。


でも物語と違うところは、
そんな風にできた企画にデザインがつき、
お客様ともこのほうがいい、ああしたほうがいい!と話し合い、
それがチラシやホームページになり、
しっかりと活かされて、
実際の効果としてあらわれてくるのを見ることができるところですね。



打ち合わせに電話、メール、LINE、Skypeは、
そんな楽しい仕事の中の一つのできごとですが、
そのひとつひとつがとても楽しい瞬間です。

本日チラシを入稿しました。
これで、しばらく電話などをしないのかなと思うとすこし淋しいですが、
またご相談ください。
楽しく打ち合わせをして、あっと驚く営業ツールを一緒につくりましょう!