竣工写真撮影

シフトレンズってあまり馴染みがないかもしれませんが、建築写真を撮影する人、料理を撮影する人にとっては必需品ですね。

シフトレンズは昔の蛇腹のついたカメラの現代版で、シフトとチルドができる機能を持っています。
たとえば通常のレンズで高層ビルなどを撮影する場合、隣のビルの中層階から撮影できる場合は別ですが、通常は地面からの撮影をします。
この場合、当然ですがビルを見上げるようにカメラを傾けビル全体を撮影するわけですが、建築写真ではご法度とされています。
この撮影方法ではビルが先細りになってしまうからです。まあ、このような写真もわざと撮影する場合もありますが、できれば高層ビルでもしっかりと垂直線を出したいわけです。

そこで使うのがシフトレンズです。このレンズは上下にスライドする機能がついていて、下の写真のようになるわけです。
人間の目ではこのようには写らないわけですが、建築写真ではこのような写真がセオリーとなっているんです。

目的としては、ビルの形状や上層階までもしっかりとディテールがわかるようにすることで、より写真が説明的になります。

(写真は後日掲載します)

もちろん前に説明したフォトショップを使った修正も可能ですが、デジタル画像はフォトショップなどで修正を加えれば加える程、画像が劣化してしまいます。

シフトレンズは建築写真家にとってなくてはならないレンズだといえます。
最近ではキャノンからTS-17が出ましたね。これは超広角レンズのため引きが出来ないビル街で高層ビルを撮影する場合にも有効です。

次回は料理におけるシフトレンズの使い方を紹介しましょう(専門ではありませんが)

もうすぐ11月。
ディーシーエス、そしてディーシーエス・フォトでは内覧会シーズンを迎え慌ただしく過ごしています。
ディーシーエス・フォトでは昨年より始めたディスプレイサービスがようやく認知されはじめ、依頼も多く頂けるようになってきました。
地元の工務店様はもちろん、片道3時間もかかる遠方の工務店様までこのサービスを利用して頂けるのは本当にうれしく感じています。
ディスプレイサービスをすることにより、何もない住宅に比べ生活感があふれ、お客様に生活をイメージしていただける内覧会や竣工写真。
弊社ではこのサービスの実現のために試行錯誤を繰り返してきました。

すべての部屋をディスプレイするにあたり、
1、家具
2、雑貨
3、観葉植物
4、生花(いけばな)
など、特に家具と雑貨は膨大な量になり、保管の問題、運搬の問題、厳選された雑貨の仕入れ購入、家具や雑貨などの定期的な入れ替え、内覧会が重なった時のセット数など一番のネックは費用対効果です。
見学会へ来られた方に、この家に住みたい!そう思っていただけるようなディスプレイを安価に提供するのが使命でした。
中途半端なディスプレイでは工務店様や見学に見える方へ何も伝わらず、その家や工務店の印象をも悪くしてしまう危険もあります。
費用を抑え、なおかつ工務店様に満足していただき、更に次の内覧会にもこのサービスを利用して頂く。ここを目指し様々な工夫をしてきました。

今後もディスプレイサービスに一層の力を注いでいく方針です。
工務店様とお客様をあっと驚かせるディスプレイを目指し進化していきますので、ご期待ください。

EK8A6446

EK8A6447













ディーシーエスでは、新築住宅の竣工写真の撮影と、
家具や雑貨のディスプレイサービスを行っています。
 
ここ一か月間、岐阜県をはじめ愛知県名古屋市や三河地区の
建築会社様や工務店様から沢山のご依頼をいただいています。
 
この、家具や雑貨のディスプレイサービスは
一度行ったことのあるお客様から、
次もお願いしたいと毎回ご依頼いただくことがほとんどです。
 
家具や雑貨のディスプレイを行うと、
セッティングした状態で内覧会にお越しになったお客様から好評だった、
ホームページやチラシで見栄えの良い写真を使うことができたと
大変好評です。

このディスプレイを自社で行うとなると、
家具や雑貨を一通り揃えるコストがかかる、
搬入や搬出をスタッフが行う手間がかかる、
保管しておく場所が必要、
買い足していかないと毎回同じものになってしまう
と、建築会社様にとってコストや手間が多いのが現状です。
 
ディーシーエスに任せれば、
家具や雑貨を買い揃えるコストがかからない、
コーディネーターがその家のスタイルに合ったものをセッティングしてくれる、
搬入や搬出を全て行ってもらえる、
と、全てディーシーエスにお任せで見栄えのする室内空間になり
魅力的な建築写真が撮影できます。
 
新築住宅が完成してから、施主様が入居するまでの限られた時間にしか撮影できない建築写真。
見込みのあるお客様に自社のつくる家を見ていただく内覧会。
建築写真をより見栄え良く撮影し、
内覧会でもお客様により良いイメージを持ってもらえるように
ディスプレイサービスをお勧めします。
 
岐阜県や愛知県の建築会社、工務店のご担当者様
建築写真の撮影や家具・雑貨のディスプレイサービスは
ぜひディーシーエスにお任せください。
 
キッチン_雑貨
主婦なら誰もがこだわりたい、キッチン。
雑貨をコーディネートすることで、より魅力的になります。

キッチンから見たダイニングテーブル
主婦の目線からの撮影で、チラシやカタログ、HPで見てもその場にいるかのよう。

キッチン小物_パスタ
憧れのオシャレな雑貨たち。
こんな暮らしがしたい!と思わせる工夫です。

竣工写真_テーブルの花
お花があるだけでも一気に華やかな雰囲気に。
内覧会でも、和やかな雰囲気で商談ができそうです。

竣工写真カメラマン
カメラマンももちろん、実績豊富なプロが撮影します。
私たちにお任せください!

先日、東京の業者様から依頼で、名古屋のデパートへ新たに開店する店舗の撮影に行ってきました。
ディーシーエス・フォトでは新築住宅の竣工写真撮影はもちろん、今回のような店舗撮影や開業する病院の撮影、または工場の撮影なども行っています。

今回は名古屋栄のデパートに出店する店舗の撮影ということで、開店前の8時からの一時間で撮影をしてきました。

EK8A6270

このような店舗撮影は一般住宅と違い、均一な店内の照明がしっかりとあり、また、太陽光などの光もなくミックス光にならないため露出の予測もしやすく撮影し易いという特徴があります。
その中で気を付けたいことは、蛍光灯による色温度(ホワイトバランス)の調節です。マニュアルで少しづつ色温度設定を変えながら、5枚ほど撮影します。

表現したいのは店舗の雰囲気や広さや明るさ、どんな商品がおいてあり、お客様が写真を見て店内を歩くことを想像できるような写真です。
今回は女性の商品が中心のお店のため、女性目線で撮影しました。
女性の平均身長は158センチ。そして目の位置はマイナス15センチ(頭から)くらい。ということで三脚を140センチの高さに設定。
これで女性の目線と同じになり違和感がなくなるはずです。


写真は徹底的な違和感を排除することでどんどん良くなります。
カメラの位置は高すぎず低すぎず、不要物は写っていないか、明るすぎたり暗すぎたりしていないか、見たいところが切れてしまっていて気持ち悪い写真になっていないか、歪んでいないか、などを排除し一発で「良い写真」と判断してもらうことが大切です。
ファインダーをのぞいた時に四隅までしっかり確認し、シャッターを押すことが大切です。

EK8A6303

EK8A1373

工務店様のホームページに必須の施工実績ですが、建築写真の画像の良し悪しが大きく影響します。

例えばこちらの二枚の写真を見て下さい↓

EK8A1373EK8A1385

せっかくの新築のお家も、ブルーシートが目立ってしまい、魅力が半減しています。

そんな、とってもおしい二枚の写真も、ディーシーエスにご依頼いただく工務店様の施工実績の写真はこうなります!

EK8A1373cEK8A1385c

画像を加工することで、ブルーシートを消しています。

ブルーシートがなくなっただけで、とってもスッキリした写真になりました。

ディーシーエスでは、こういった細やかな気配りで、施工中に撮影した写真に残りがちな、三角コーンやブルーシートを消すことで、お家の魅力を最大限に引き出し、クオリティーの高い施工実績をつくります!

ホームページの制作をお考えの工務店様、ぜひディーシーエスにお問い合わせください。

 

 

EK8A1692

ディーシーエスでは、建築写真の撮影を承っています。
その中でも、完成した家にディスプレイを行い撮影をする「ディスプレイサービス」が大変ご好評をいただいております!

例えばリビングの空間にディスプレイをして撮影をすると、こんなにもイキイキとした写真になります。
EK8A1692

まるで奥様が実際に飾られたかのように、グリーンを置いたり、小物を飾ったり…、
ソファーやリビングテーブルなどの家具を配置することで、
何もないリビング空間の写真よりも、「この空間で家族が過ごしている」というイメージが湧きやすくなります。


また、ダイニングでも、ダイニングテーブルが入ることで奥行きが感じられますし、実際の生活空間の広さなどもわかってきます。

EK8A1717


キッチンもポイントですね。
キッチン小物や雑貨がディスプレイされていることで、実際にここで生活をはじめたら
どんな風に過ごすかをイメージしやすくなります。

EK8A1776


そして、様々な配色をバランスよく配置することで、
無垢の木の色や白色の壁紙の空間などでも、色がプラスされ、
見ているだけで楽しい施工写真となり、施工実績に載せた際にも一段と映えるのです。


ディスプレイサービスでは、ディスプレイをした建築写真撮影のみならず、
内覧会、見学会へのディスプレイ貸し出しサービスも併せておこなっております。
ディスプレイをご希望の方は、是非お気軽にお問い合わせください。


建築写真実績一覧はこちら。

このブログで何度も紹介をさせていただいていますが、ディーシーエスフォトでは内覧会での受注率アップを目的に、ディスプレイサービスを行っています。
家具はもちろん厳選された雑貨や植物を配置し、より生活するイメージを演出することを心がけています。

最近では遠方からの依頼も多くなり、あらためてこのディスプレイサービスの需要があることを確信しています。

工務店様からの感想
1、ディスプレイの有無でこんなにイメージが違うのかとビックリした。
2、リビングはもちろん、子供用の靴や服、それに書斎のアンティークなカメラなど女性だけを意識せず家族みんなに合わせた雑貨で雰囲気がでていて良い!
3、雑貨の一つ一つがおしゃれ。
4、雑貨に物語を感じる
5、簡単な家具と少しの雑貨だけかと思っていたけど、量と質とセンスに驚いた。

など、たくさんのお褒めの言葉を毎回たくさんいただいています。
このディスプレイサービスで工務店様には一軒でも多くの受注をしていただき、またディスプレイサービスをさせていただくという好循環を作りだしていければと思っています。

そのためにはマンネリにならず、毎回サプライズをご提供できるようにと、ディーシーエス・フォトスタッフ一同話し合っています。

さて、来週のディスプレイには何を仕掛けようかな~。考えるだけでも楽しいです。
ご注文お待ちしています!

EK8A2214

EK8A2215

EK8A2216

EK8A2223

EK8A2803

EK8A2804

EK8A2814

EK8A5025

EK8A5028

EK8A5036

EK8A5038

EK8A5413

EK8A5430

EK8A5640

EK8A5653

EK8A5655

EK8A5656

EK8A5845

EK8A5857

EK8A5859

EK8A6890

インターネットが発達した現在、家を建てたいと思ったときに必ず検索したり参考にするのが、その会社のホームページや会社案内です。
この工務店はどんな家を作っているんだろう?どんな人が働いているのかな?何が得意なのかな?など様々な情報を得られるのがホームページであり、会社案内なのです。
これから家を建てようとする人は「家族の幸せな生活」や「素敵な家を持つ満足感」を想像します。
工務店の営業マンはお客様に会えばそれをしっかり伝えることが出来ますが、お客様と直接話すことは最初のうちはなかなか難しいでしょう。
理由
1、営業マンに会ってしまうと断りづらくなる
2、何度も家に来るようになるので面倒
この二つが大きな理由です。
そこでホームページや会社案内などでしっかり調べるわけです。
ディーシーエスグループでは工務店様専門にサービスを展開しきました。その経験から言えることは
1、お客様は工法や家の機能のことはあまり考えていない。というか知らない人が多い。
2、工務店を選ぶ理由はデザインや雰囲気を重視する
ということです。一概には言えませんが、デザインや雰囲気はお客様の想像力を掻き立てるのに最も威力を発揮します。
こんな家に住みたいな~。これが一番なのです。

前置きが長くなりましたが、まず第一に竣工写真の出来栄えが大きな威力を発揮します。その家の特徴をしっかり説明できる写真を掲載することは最優先にするべきだと感じています。
現場監督の撮影した傾いていたり暗かったりするような写真ではその工務店のイメージが悪くなってしまうのです。
お客様にとっては一生に一度の買い物です。一目でこの家に住みたいという安心感と快適な生活を想像してもらうことが一番大切です。
ディーシーエスでは、建築写真を専門に撮影しています。
「会社のイメージを決定づける」建築写真で受注に貢献させていただきたいと思います。

IMG_0348

先日、工務店様からの依頼で、新築住宅のディスプレイと竣工写真の撮影をさせていただきました。
株式会社ディーシーエス・フォトでは、生活を想像することが出来、魅力が伝わる竣工写真を撮影するために、昨年よりディスプレイサービスを行っています。
通常、竣工写真は完成した住宅をそのままに撮影しますが、このディスプレイサービスは、厳選した家具、雑貨、観葉植物、生花などを飾り付けし撮影を行います。
家具の搬入や保管場所など大変なことも多いサービスですが、やるのとやらないのとでは全く写真に違いが出てしまいます。
大切なことは、この写真一枚一枚が工務店様のイメージを決定し、お客様にインプットされていくことです。これは、一棟一棟コツコツ実績を蓄積していくしか方法はありません。
さらに、弊社では家具や雑貨の内覧会貸出サービスも同時に行っています。
スケジュールは、金曜日に家具の搬入と竣工写真撮影→土日に内覧会、月曜日撤収という流れです。
これによって、実際に内覧会に足を運んでいただけるお客様には、強力なインパクトを与えることが出来、更に、竣工写真が営業ツールになり、さらにHPなどで工務店様のイメージを作り上げていくことが出来るのです。
たかが写真、されど写真なのです。工務店様にとって最高の費用対効果があると確信しています。ぜひ一度ご利用ください。
EK8A1746

EK8A1781

EK8A5857

建築写真撮影 竣工写真撮影 株式会社ディーシーエス・フォト

施工実績一覧を見る

お問い合わせ・資料請求・住まいについてのご相談を承ります。お気軽にご連絡ください。

アイギハウジングリフォームしま専科へお問い合わせ