言葉の技術という本を読みました

2015年11月2日 

鈴木美穂

お仕事の中で文章を書く部分を任せていただく機会が増えました。

文章を書くことは、このブログを書くだけでも
四苦八苦しているくらいなのであまり得意とは言えません。

なので、なかなか思うように仕事が進まずモヤモヤしていました。

何が原因なのかぐるぐる考えているうちに
「深く考える」ことが出来ていないんじゃないかということに気が付きました。
水深10mのプールで例えると水面から1mくらいしか潜れていないんじゃないかなー
という思いがいつもしていて、それが文章に出てしまっているなと。

でも、じゃあ、深く考えるってどうしたらいいのか。

そんなことを考えながら本を探していた時に見つけたのが
この「言葉の技術」という本でした。

この本には「一歩深く考えてみることが大事」ということと、
じゃあ具体的にどうやったら“深く考えられるのか”という
考え方の手順が書いてありました。

要するにプールの水深1mで考えた言葉を元に
具体性というおもりを付けて水深10mまで潜って行きましょう。
ということが具体的に書いてあったのです。

知りたかった情報にピンポイントでスポットが当たったような内容で
悩みがに光が見えたので、もっとこんな内容の本が読めたらなーと思いました。

カレンダー

2017年12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最新の記事