生産性を上げる4S(整理、整頓、清掃、清潔)

2015年8月5日 社内風景

ディーシーエス

生産性を上げる4S(整理、整頓、清掃、清潔)とは…


  • 整理
  • いるものといらないものを明確にわけて、いらないものを捨て不必要なものをはぶくことで、必要量の把握を行うことができ、無駄をはぶき、さらには判断の基準も明確となります。

  • 整頓
  • いるものを使いやすいように置き、誰にでも分かるように明示することで、ものを探す時間を減らすなどロスカットが行えます。

  • 清掃
  • 常に掃除をしてきれいを保つことで、問題点が明確となり仕事を効率化させます。

  • 清潔
  • 汚れてから掃除をするのでなく汚れないよう清潔を保つことで、職場環境を向上させ生産性をアップさせます。


    上記のような4S(よんえす)活動を行うことで、生産性がアップするといわれており、様々な企業でとりくまれています。

    ディーシーエスでも、毎朝4S(よんえす)活動はおこなわれており、清潔な職場環境を保っています。


    S__9756694

    ※朝の4S(よんえす)活動の様子です。


    毎日、ほうきや、モップを使い、床をピカピカに!テーブルは毎日拭き掃除を行います。

    掃除をしてから一日がはじまるだけで、気持ちが引き締まりますね!